【台中旅行記】雲品温泉酒店(フロー デ シン ホテル)宿泊記 – プール編(GW台湾中部旅 Vol.11)

この記事は…

実体験であることを保証します!

連載「GW台湾中部旅」の記事です。(12/13)

約 3 分で読めます。( 1130 文字)

はじめに

@fukuhomu です。ゴールデンウィークに台湾の台中と台北を旅行した話を書いたブログ記事です。九族文化村を朝から15時まで楽しんで、ホテルに無事戻ってきました。日月潭のホテル「雲品温泉酒店(フロー デ シン ホテル)」最後の夜を楽しみます。

目次

ホテルに戻ってプール&温泉

想像の数倍充実しているプール

ホテルに戻ってきてプールへ行きます。その名もウォーターワールド。名に恥じずとにかく広い!

普通に泳げる25mプールもあります。しかし水温低すぎて早々にギブアップ(笑)

他にも滑り台など子どもが楽しめるプール(×2)に…

おじさんおばさんも楽しめる温水のジャグジーが何個もあるプールもあります。

まさにウォーターワールドの名前に相応しい充実したプール!!(2回目)

水着着用お風呂エリア、サウナもある

更にお風呂と同じくらいの温度の温水プールがあり…

ドライサウナに水風呂まである。すごい。

ただ、ドライサウナの温度は低めでした。それだけは残念ポイント。

日月潭最後の夜

名残惜しいブッフェ

2日目の夕食もブッフェです。多肉植物(グラパラリーフ)が平然とサラダバーに並ぶブッフェ。台湾では石蓮花と言うらしいです。

メニューはほとんど同じでしたが一部変わっているものありました。特にライブキッチン。

屋外で伝統ショー

食後は屋外でショー。こちらは前の日には無かったイベント。出演者の数からすると前日のコンサートよりこちらの方が豪華。

時々間違えたりするのが可愛かったです。

朝食そしてチェックアウト

2度目の朝食はテラスで

2泊の宿泊も過ぎてしまえばあっという間。日月潭に2泊するというのはなかなかハードルが高く感じていたけれど、来てみたら本当に良かったです。

方角的に日の出は見られず

2度目の朝食はテラス席をリクエストしました。タイミング良く席があったので外でいただきます! 気持ち良い!

すいかジュースは2杯いただきます。

朝食についても夕食と同様ほとんどのメニューは固定のようでした。

次なる目的地

チェックアウト!

雲品温泉酒店(フロー デ シン ホテル)2泊もこれにて終了。良いホテルでした!!

Fleur De Chine

タクシーで台中市街地へと向かう

行きは無料のホテルのシャトルバスで来たのですが、帰りはタクシーで帰ります。シャトルバスだとホテルの出発が12:15なので、少しでも観光をしたい自分にとっては少し遅め…。

かといって路線バスで帰る気力もないので、タクシーを手配してもらいました。タクシーはコンシェルジュに事前にお願いしておきました。

タクシーは事前に料金固定でNT$2,200(現金のみ)です。行き先は…「台中国家歌劇院(National Taichung Theatre)」です!!

つづく…

この記事は連載です!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてピヨ✨
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次