【台北旅行記】W台北宿泊記 – 朝食編/脆皮鮮奶甜甜圈の行列ドーナツ(GW台湾中部旅 Vol.15)

この記事は…

実体験であることを保証します!

連載「GWの京都を旅する」の記事です。(12/12)

約 4 分で読めます。( 1695 文字)

はじめに

@fukuhomu です。ゴールデンウィークに台湾の台中と台北を旅行した話を書いたブログ記事です。遂に旅行最終日。台北で午前中を過ごして帰ります。

目次

台湾旅行最終日

朝ごはんは景色が素晴らしいブッフェへ

やってきてしまった最終日です。楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいますね。

朝の窓からの景色もやっぱり最高でした

朝ごはんはブッフェをいただきます。以前泊まった時はフロントの階にあったレストランが会場だったのですが、今回は上の階のレストランです。

場所によっては台北101がよく見える席もあったのですが使われてなかったです。まあさすがにこのソファとテーブルじゃ朝食食べにくいよね。

定点観測。思ったより種類は少ない。このクラスのホテルだともっとすごい種類があったりする気がしますが。

ジュースは作りたてで作ってもらえます。

でもやっぱりスイカにしてしまった。

台湾らしいものを探して食べる

台湾旅行ラストですし台湾らしいものを探して食べましょう。エッグステーションは、台湾のソーセージ「香腸」が具として選べるので食べました。

パンコーナーにあった肉鬆面包。肉鬆はローソンというもので豚肉で作られた甘い田麩(でんぶ)のようなもの。

パンの中にはマヨネーズが入っていてなかなかヘビーなパンでした。肉鬆は日本持ち込みできないのでここで食べられて良かった!

ルーロー飯はかなりしょっぱいタイプでした。Wにおいても電鍋使うんですね(笑)

チャーイェダン(茶葉蛋)ももちろんあります。こればっかり4つくらい食べてた人がいたのがびっくりでした。

グァバはあんまり甘くないのにどうしてみんな食べるんだろうと思ったらこな梅子粉をつけて食べるというのを今回初めて知りました。

そういえば他のホテルにも謎の粉があったなあと…。そのまま食べるより美味しかったです。

帰国直前まで遊び尽くせ!

三越村でデパ地下へ

食後はダラダラせずに部屋で身支度をしてチェックアウト。フロントに荷物を預けて目の前の新光三越へ。

地下の食品エリア少しだけ散策。ステラおばさんのクッキーを見ました。海苔醤油味や台湾阿里山茶味などをお買い上げ。

インタウンチェックイン

ホテルから荷物を持ってMRTで台北駅へ。台北駅からインタウンチェックインまでの道のりが遠くてやっぱりタクシーで来るべきだったと大反省。

駅は槇文彦氏の設計

インタウンチェックインは航空会社のスタッフはおらず警備員と案内役の人が数人いるくらいでほぼ自力でやる必要がありました。

が!キオスク端末は日本語に変えられるしそんなに難しいことはなく難なく終了。身軽!!

大行列の揚げたてドーナツ

最後の予定は台北駅から歩いてすぐのところにある大人気のドーナツ店「脆皮鮮奶甜甜圈」へ行くこと。着くなり大行列でした。

客層は台湾の人だけでなく、韓国人・日本人など観光客が入り混じる感じ。

観光客は大体数個しか買わないのですぐ進むのですが、台湾人は10個とか20個とかで買ったりするのでそうなると進みが止まります。その場で揚げたてを売ってるので供給が間に合わないようです。

40分くらいかかってやっと買うことができました。揚げたてに練乳味のような砂糖パウダーもまぶしてくれます。

やっと買えたドーナツ!! やはり揚げたてが一番美味しいと思うので近くで立ち喰いしちゃいました。

桃園空港に行くMRTはすぐ近くから出てるので、そこから空港に無事到着です。

帰国!

ラウンジで小休憩

変な時間にドーナツを食べてしまい、しかも行列により大分時間をロスしているのでお昼ご飯を食べるタイミングを失いました。

最後はこちらのラウンジにお邪魔。

少しだけお酒と軽食を食べて飛行機に向かいます。

帰りもスターラックス

帰りの便もスターラックスです。この機内の安全ビデオのアニメーションがすごく良い感じなんです。エルサみたいなのも出るしw

機内食はイカ墨スパゲッティでした。

シグネチャーカクテルの「サイファイ・コスモス 2.0」もいただきました! スターラックスさいこー!!!!

というわけでこれにて台湾旅行は終了です。何度来ても楽しい台湾。また来るね。今度は高雄に行きたいな。

おわり

この記事は連載です!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてピヨ✨
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次