【WDW旅行記】オーランドに行きたいお年頃:その20(1日目vol.1成田からシカゴ~そしてオーランドへ)

この記事は…

実体験であることを保証します!

連載「オーランドに行きたいお年頃」の記事です。(20/39)

約 3 分で読めます。( 1346 文字)

「その20」よりついに現地行動記録に入りますー!!

目次

いざ、オーランドへ。あ、その前にシカゴ。

いきなりだけどオーランド遠いよ。

初めての長距離フライトだったのですが、想像以上のつらさでした。

機内も天候の影響でずーっと揺れっぱなし(何度もシートベルト着用サインが付いた)だったり、こんな思いをしないとオーランドに行けないのかと悲しい思いでいっぱいでした(笑)

そんな飛行機のこともいろいろ振り返ってみます。

成田第2ターミナルへ

新しくなったスカイライナーはとても快適で、以前よりとてもよくなりましたね。

高いけど!というわけで成田。

今まではスカイライナーで1時間ずーっとこれでもかというくらい田舎の景色を見せられてた訳ですが、北総線沿いはニュータウンということもあって以前ほど田舎臭く感じなかったです。

これも距離が短くなったような気がする一因かもしれないです。

まずはシカゴへ!

飛行機はJAL。というわけで機内食その1。

和食に別れを告げるべく、「たこ飯」なんてものを選びました。お味はそこそこです。

モンスターズインクを観たりフィニアスとファーブを観たり寝たりしているうちに軽食。

デニッシュ生地のリンゴパイ?ですかね。

そして最後の機内食。

AIR肉まんwwwww 変わり種で勝負しようとしてるのはわかるけどおかずの少なさといい、コスト削減してるのが目に見えてるw

(ANAは2回目もちゃんとした機内食がでますもんね!)

パッケージの中は普通の肉まんです。

渡米!シカゴ!

入国審査のエリアでIlluminationsの曲がかかってたりして、ああさすがアメリカだなあと。指紋認証とられたりいろいろ怖かったですが。

シカゴオヘア空港!でかすぎてわけわからん!!

モノレールみたいなエレベーターみたいなやつに乗って、オーランド行きの飛行機があるターミナルへGO。

オーランド行きの飛行機に乗るためには、またセキュリティチェックを受けなければならないのでした…。

靴を脱ぎ、ボディスキャンさせられ、そのうえ全身タッチもさせられるというセキュリティチェックフルコースを堪能させられました。

これがアメリカの洗礼かと!

オーランド行きはアメリカン航空だったのですが、機内食無しということでサンドウィッチを持ち込むことに。

無難に注文をするなど。でもサンドウィッチあっためてもらったのは失敗。

直後に食べなかったもんだからすごく固くなってました。

でも美味しかったです。数少ない日本でも食べたいと思った味。(フランスのチェーン店らしい。パリで見つけられなかったけども…)

オーランドに到着!

2時間くらいのフライトでオーランドに到着。すでにへとへと…ですが!

でたこれーーーーー!! かの有名な(?)シャトル乗り場を発見してテンションが上がる。ここからはマジカルエキスプレスであっという間でした。

ポップセンチュリーは2番目に経由地でした。

空が…でかい!!!

やっとの思いでポップセンチュリーリゾートに到着。

家を出てから丸一日くらいかかったのでしょうか。現地時間で夕方になろうかというときでした。

ホテルは想像以上の綺麗さでしたし、リスはいるし鳥はいるしと自然にあふれ、疲れが吹っ飛ぶような快適な地のオーランド。

ここから8泊が始まります。

というわけで、つづきます。


この記事は連載です!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この実体験を書いた人

建築鑑賞をこよなく愛する下っ端会社員。歴史的建造物よりも現代建築を好みます。建築はど素人ですが、見て歩いて写真を撮って、気の向くままに楽しんでいます。

コメント

コメント一覧 (2件)

コメントする

目次
閉じる