【トルコ旅行記】トルコブルーに憧れて:その7(3日目Vol.3 こんにちはイスタンブール・シルケジ駅)

この記事は…

実体験であることを保証します!

連載「トルコブルーに憧れて」の記事です。(7/12)

約 2 分で読めます。( 664 文字)

はじめに

イスタンブールはどこを見てもモスクの尖塔、ミナレットが見えて大興奮。こんな景色は初めてだ!

目次

こんにちはイスタンブール

イスタンブールの空港から市街地までは大渋滞。気付くとうとうとしていました。車窓から見えるモスクで、イスタンブールに来たんだなあということを強く実感しました。

オリエント急行 廃駅のレストラン

向かったのはオリエント急行の昔の駅、シルケジ駅。駅を活用して営業しているレストランで夕食です。

ぴかぴかの駅舎内、アガサ・クリスティー写真が飾られています。

ドリンクはレモンのソーダをオーダーしました。酸っぱめのCCレモンみたいな感じです。

はじめに来たのはスープ。また豆のやつwww

メインは茄子に肉を詰めて焼いた料理、カルヌヤルク。

デザートはスイカとケーキ。ケーキにはお酒がたっぷり浸してありました。クソ甘い。でもライスプリンじゃなくて良かった♥

シルケジ駅の中を探索

駅としてはもう使われていないけど、プラットホームがそのまま残されています。自由に出入りが可能です。

猫が5匹くらい住み着いていました。

オリエント急行の看板、これはピカピカ。

正面の外観は工事中なので側面のみ。ピンク色の塗装が印象的です。

今夜の宿はシェラトンマスラック

イスタンブールの旧市街から大渋滞を抜けて、1時間弱でホテルに到着。安心のシェラトンです。めちゃくちゃ部屋が広くてびっくり!

こんなテーブルまでありまして。ずっと物置きにされていたけど。

いよいよ明日から待望のイスタンブール観光。とても忙しくなるようなので早く寝ました。おやすみなさい。

 

つづく……


この記事は連載です!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この実体験を書いた人

建築鑑賞をこよなく愛する下っ端会社員。歴史的建造物よりも現代建築を好みます。建築はど素人ですが、見て歩いて写真を撮って、気の向くままに楽しんでいます。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる