【シンガポール旅行記】ライオンの街ひとり旅:その12(3日目Vol.6 シンガポール 夜の散策)

この記事は…

実体験であることを保証します!

連載「シンガポール:ライオンの街ひとり旅」の記事です。(12/13)

約 2 分で読めます。( 671 文字)

はじめに

チャイナタウンの後、MRTで辿り着いたのはクラークキーでした。

目次

スタバでデザートドリンクを

シンガポールで初スターバックス!フラペチーノを頼みました。

ホイップクリーム抜きにしたかったので「ノンホイップ」とか言ってみたら通じなかった。そりゃそうか(笑)

シンガポールデザインのスターバックスカードもゲット。

夜のクラークキーは賑やかで

やっぱりここに来るのは夜がベストなんですね。とても賑わってました。ただ1人じゃ遊べないかなー(笑)

シンガポールにはSFみたいなデザインが似合うこと似合うこと。

噴水がきれいです。

フーターズもあります。

静かな時間 チャイムスへ

お次はラッフルズホテル近くの「チャイムス」へ。なんだかよくわかんないんですが商業施設です。全然人がいなくて散策するのも怖かった。

こんなに人がいなくても秩序が保たれてるんだから、やっぱりシンガポールはとても治安が良い。

元?教会の建物はこんな感じ。イベントスペースなのか? 中でなんかやってました。

そしてラッフルズホテルへ!

通算4回目ですな、ラッフルズホテル。

1度は泊まってみたいもの。

ヨーロッパでもない、よく知っているアジアでもない、この絶妙なバランスに心満たされるのです・・・

こちらも夜はほんとに人がいない。

日本だったらこれでやってけるのか?と心配になるのですがw

さて、ホテルに戻ります

ホテルへはまたMRTで。安くてべんり。

怪奇現象みたいな事件もあって怖い思いもしたけど、とにかく写真映えするホテルですね(褒めてる?)

飛行機の時間が早いので寝ることはできないのですが、少し休憩します。

つづく・・・


この記事は連載です!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この実体験を書いた人

建築鑑賞をこよなく愛する下っ端会社員。歴史的建造物よりも現代建築を好みます。建築はど素人ですが、見て歩いて写真を撮って、気の向くままに楽しんでいます。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる