旅行ブログ:TIKIKITI.JP

【ドイツ・フランス旅行記】炭酸水と曇り空:その11(5日目Vol.4 パリでのいちにち・オランジュリーとパリのよる篇)

      2016/08/19

この旅行記は が書きました。

連載「ドイツ・フランス旅行記:炭酸水と曇り空」の記事です。(11/14)

約 3 分で読めます。(1022 文字)

fukuhomu ってこんな人

建築鑑賞をこよなく愛する下っ端会社員。歴史的建造物よりも現代建築を好みます。建築はど素人ですが、見て歩いて写真を撮って、気の向くままに楽しんでいます。

 

はじめに       

ノートルダムの次は、オランジュリー美術館へ!

モネの睡蓮を見に、オランジュリー美術館へ

オランジュリー美術館へとやってきました。ここのお目当てはなんと言ってもモネの睡蓮!

睡蓮の部屋は残念ながら撮影禁止のため写真はありませんが、四方を睡蓮に囲まれる部屋は素晴らしかったです!

そんな部屋がなんと2部屋も!

日本人もたくさんいて、日本人の睡蓮人気を思い知らされました。ルーブルとオランジュリーどちらかしか行けないとしたら、僕ならオランジュリーを選ぶくらい僕は大満足でした。

明るい室内は、印象派とかがたくさんあります。

DSC03353.JPG

ユトリロ! これは新宿の損保ジャパンに来たときに観に行った気がします。

すてきです。

外に出ると既に夕方。とてもきれいな夕焼けを見ることができました。パリはきれいな街だなあほんと。

もういっちょ!

シャンゼリゼ通りへ・夜がはじまる

ここからシャンゼリゼ大通りまで歩いたのですが、少し遠かったです。1日中歩いたので疲労感はすごかったです…。シャンゼリゼではディズニーストア発見! ティアナがちゃんとプリンセスの一員になってます。

フランスはアフリカ系の人がとても多かったし、そういうのも関係してるのかなと思ったり。

ちなみにラプンツェルは特別待遇でございます!! こんな人形がショーウインドウの中でぐるぐる回ってました。うらやましい!!

ディズニーストアの中に入りましたが、特にめぼしいものは見つけられず…。子ども向けの商品が多かった印象。まあ、ここフランスだし当たり前ですよねえ。

シャンゼリゼで何か食べようと思ったけども下調べしてなかったせいでレストランも見つけられず。ホテル近辺へ戻ることに。

ヨーロッパ最後の夜、イタリア料理をいただく

長かった旅もいよいよ最後の夜に。夕飯はホテル近くのイタリア料理のファミレス?みたいなお店に行きました。(ここからピンぼけ写真のオンパレードです!ごめんなさい!!)

まずジェノベーゼのパスタ。ふつーにおいしい。

リゾット。チーズが乗っかってたよ。

ピザ!! これもふつーにおいしいデスはい。

そしてデザート。コーヒーに2種類もデザートがついてたりして、イイネ。

パイナップル!オシャレ!

イタリア料理のファミレスといえば、日本だとサイゼリア。そんなノリを思い浮かべてたので思わず高くてびっくりですw

パリは物価が高い気がしました。でも美味しいから仕方ないっすね!!

いよいよ明日は最終日。行き残したところを重点的にパリを回ります。つづく。


この記事は連載です!

 - パリ

  関連記事

Comment

  1. 更新:【ドイツ・フランス旅行記】炭酸水と曇り空:その11(5日目Vol.4 パリでのいちにち・オランジュリーとパリのよる篇) – http://t.co/fxoJ9bpP

Message

メールアドレスが公開されることはありません。