【アナハイム旅行記】アナハイムアレコレ まだCars Land が作りかけだったころの話

この記事は…

実体験であることを保証します!

連載「アナハイムアレコレ」の記事です。(2/4)

約 3 分で読めます。( 1202 文字)

どうもhisashi59です。

今回は初めて私がアナハイムに足を踏み入れた2011年8月のお話しです。

目次

当時のDCAの状況

遡ること今から4年前。初めて海外旅行に行きました。場所はアナハイムのDisneyLand Resort、目的はD23 Expo 2011。

何を隠そう、私の初めての海外旅行はD23 Expoだったのです。

絶賛工事中だったBurna Vista Street

その当時のDisney California Adventure はWorld of Color がスタートして1年が経ち、拡張を完了させるべくCars Land、Buena Vista Streetが絶賛工事中という状態でした。

現在のDCAを考えれば、かなりの部分が工事中という状態ですね。その絶賛工事中のCars Landの外壁がこんな感じ。

チラッと画像の端にメーターとマックイーンが見えますが、時間によってはグリーティングをやっていた…はず(うろ覚え)。

この時は何やら大型のエリア作ってるなあとしか思ってませんでした。

Expoの会場で彼を見るまでは。

Expo会場にいた彼

そして数日後のD23 Expo 2011、Parks&Resorts は”Carousel of Projects”と題した展示を行っていました。

内容は当時まだ詳しい内容が発表されていなかった New Fantasyland や Buena Vista Street 、そして上海ディズニーランドの全体模型や Cars Landに関する展示でした。

タイトルはもちろんあのアトラクションから。プレショーも豪華でした。

この会場内にドカッと鎮座していたのです。

なんかヤバイ彼が。

こんなところまで露出して。

イマジニアとの会話

これはなんかスゲーのがあるぞ…とじっくり観察していると、近くにいたイマジニアが話しかけてきました。

「これ興味あるのかい?これはすごいんだよ!」

「すごいね。こんなの初めて見るよ!」

「Test Track 乗ったことあるかい?」

「いや、フロリダにはまだ行ったことないんですよー。」

「そうかー。あれとほぼ同じシステムなんだけど、進化させた部分がいろいろあるんだよ!期待してて!」

このライド、Cars の世界観を再現しているので、しっかりと前の部分、フロントの部分に眼が描かれています。なのですが、中に乗るとその描かれたフロント部分が全然視界を遮らないんですよね。

それに気づいた時、こんな細部まで凝るってとんでもないのができるんじゃねーのか…と期待を大きく膨らませたのを覚えています。

そんなこともあったので、その2年後、2013年に実際にCars Land に足を踏み入れた時の感動は、映画の中そのままだ!というのと併せて、あの時見たものがしっかりと実現している!という二重の感動で朝から静かに興奮したのでした…。

おまけ

彼もいましたが後姿しか撮ってないという4年越しの大失態


この記事は連載です!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この実体験を書いた人

尺八やってたDヲタ。福岡県在住。海や噴水といった水場が大好き。

コメント

コメントする

目次
閉じる