旅行ブログ:TIKIKITI.JP

【ハウステンボス旅行記】あの日の憧れ旅行:その5(2日目① 特急にゆられて)

      2016/01/29

この旅行記は が書きました。

連載「博多:あの日の憧れ旅行」の記事です。(5/11)

約 3 分で読めます。(1062 文字)

fukuhomu ってこんな人

建築鑑賞をこよなく愛する下っ端会社員。歴史的建造物よりも現代建築を好みます。建築はど素人ですが、見て歩いて写真を撮って、気の向くままに楽しんでいます。

 

はじめに       

こんにちは、fukuhomuです。

博多旅行では建築や博多グルメをたくさん楽しみました。旅行2日目は博多駅から特急に乗ってハウステンボスへ向かいます。憧れ続けたテーマパーク、ハウステンボスへ期待をふくらませながら出発です。

ハウステンボス特急にゆられて

博多から1時間40分の旅

旅行2日目はハウステンボスです。キャナルシティ博多に続き、ハウステンボスも小学生の頃から憧れ続けていた場所です。いよいよその憧れ地を目指して出発です。

特急券は前日に2枚切符を買いました。普通に買うより安上がりです。

ホームには特急ハウステンボスが。写真で見ていたよりずっとかっこよい! メタリックで素敵です。これからの旅に期待が高まります。

朝ごはんは、駅で買った博多ごま鯖寿司です。いただきます!

鯖がたっぷりで美味しかったです。

鯖寿司を食べた後、電車の心地よい揺れに身を任せ寝たり起きたり。

途中で見えた吉野ヶ里遺跡の駅があまりにも綺麗(かつ周りに何もなくて不釣り合い)だったのと、竪穴式住居がたくさん見えたのがビックリしましたw

しばらくして、目を開けると広大な川の向こうに城のような建物が。ここはいったいホグワーツか? いやいやハウステンボスだ!

想像と全然違うこじんまりとした駅。そして何より自然がすごい。こんなところにテーマパークを作ろうとした意気込みがすごいですわ…。ディズニーシーの借景なんて目じゃないww

カラーリングがかっこよい電車でした。

雨のハウステンボスに到着

ハウステンボス駅の改札は有人改札でした。有人改札を通ったの何年ぶりだろう!

駅を出ると、ハウステンボスまで長い橋がかかっています。ここからBGMがガンガン流れていて、テーマパークっぽさがたっぷりです。奥に見えるのはお城ではなく、ホテルオークラです。

日本でディズニーシー以外にこんなにお金がかかってそうな外国風の建物を初めて見たかも…(笑)泊まってみたい〜。そしてオフィシャルホテルですらこのクオリティなのだから、パークはどんなものなのか期待がさらに膨らみます。

ハウステンボスに入国

ハウステンボスに入国します。チケットはパスポートを購入しました。お値段6400円です。なかなかお高い。。。

ハウステンボスに入国すると、目の前に広がるのは広大な自然に抱かれたテーマパークとは思えない空間。あいにくの雨模様だったけど、青空だったら更に素晴らしいんだろうなあ…。

朝8時30分に博多を出発した電車に乗って、ただ今11時。ちょっとした旅でした。いよいよハウステンボス内を巡る旅へ突入します。

つづく…


この記事は連載です!

 - 長崎

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。