旅行ブログ:TIKIKITI.JP

【トルコ旅行記】トルコブルーに憧れて:その3(2日目Vol.2 カイマクル地下都市・陶器工房へ)

      2015/12/10

この旅行記は が書きました。

連載「トルコブルーに憧れて」の記事です。(3/12)

約 3 分で読めます。(1171 文字)

fukuhomu ってこんな人

建築鑑賞をこよなく愛する下っ端会社員。歴史的建造物よりも現代建築を好みます。建築はど素人ですが、見て歩いて写真を撮って、気の向くままに楽しんでいます。

 

はじめに       

その3になってもやっぱり岩だらけ! カイマクル地下都市へ行きました。

カイマクル地下都市、リアル地底世界だぜ…

カイマクル地下都市

洞窟でできた民家の次は、カイマクル地下都市へ行きました。これはまた想像以上の場所でした。

ここで2万人も生活してたなんて、現実の出来事とはとてもじゃないけど思えない。すごい。

見学通路は屈まないと通れない道が普通。こんなに冒険みたいなことすると思ってなかったww というか普通に怖いw

まさにリアル地底世界・・・岩だらけだけど・・・

行き違いができないので見学ルートは一方通行です。ただ、方向指示がとても曖昧なので1人で入ったら抜け出せる自信がないです。怖くなって逆戻りしている集団とかもいました。

地下都市を出た所にはおなじみトイレサイン。WCの文字右にある絵はトルコ式のトイレです。面白い!

洞窟レストランでお昼ごはん

また洞窟だよ!w 洞窟すぎて洞窟すぎるカッパドキアツアー。

洞窟レストランはカイマクル地下都市と違って天井高くて安心!

メニューは、生の葡萄ジュースにレンズ豆のスープにサラダ。

そして壺で作ったケバブ、「テスティケバブ」! トルコのお店は基本的にパン食べ放題だけどライスも出てくる。なかなか美味しかった。

そしてデザート… ミルクライスプリン! トルコ語で「スットラチ」と言うらしい。甘い牛乳プリンにご飯が入ってる。名前そのまま! これは甘さと不気味な食感にKNOCK OUTでした。おかゆを甘い牛乳味にしたような感じ。

レストランのトイレサインをパシャリ。ガイドさんが洞窟トイレって言ってたけど普通トイレでした。

トルコでやっぱりトルコアイス

牛乳のプリンは口に合わず食べれなかったので、お口直しにトルコアイス。トルコ最長の川である「クズルウルマク川」へ連れて行ってもらいました。

川沿いには緑がたくさんありました。この後スプリンクラーに水かけられてびちょびちょになったけど(笑)

うん、なんとなく意味は伝わるけど読めない。

トルコ、犬と猫が多すぎる件。ちょっと怖い。

川沿いのMADOというおしゃれなカフェへ。この色合いが、とても海外っぽい!!

モスクを眺めながら、トルコアイス。ピスタチオ味と謎のフルーツ味。もっちもちで美味しかった!

岩だらけの景色ばっかり見てたから、緑と水に癒やされます。

トルコの陶器工房へ

トルコアイスの次は、陶器工房見学へ。ツアーでありがちな、工房を見学してお土産コーナーのパターンです。ガイド役の人はめちゃくちゃ日本語が上手かったです。実際に職人が1つずつ柄を描いていました。

お土産コーナーはとっても華やかでした。お値段はなかなか。

この時計すごい良かったなーー。

高い陶器のコーナーは近寄るだけで店員が来るので、安いコーナーでじっとしていました。お次はギョレメ野外博物館へ向かいます。

 

つづく…


この記事は連載です!

 - トルコ

 

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss