【シンガポール旅行記】赤道直下の未来都市へ!その13(3日目vol.2:ユニバーサルスタジオ編Part2)

この記事は…

実体験であることを保証します!

連載「【シンガポール旅行記】赤道直下の未来都市へ!」の記事です。(13/17)

約 4 分で読めます。( 1701 文字)

2大お目当ての「トランスフォーマー」「マミー」をクリアした後はウォーターワールドへ。
★アトラクション・ショーの感想は最後に書きます。 

目次

まだまだ続くよ、ユニバーサルスタジオ

ウォーターワールドがあるのは、何故かジュラシックパークのエリアであるロストワールドです。

暑いので2番目に濡れるシートに。

お客さんは少ないです。前座はやりますが、USJのようなブーイングの練習はないです。水鉄砲での攻撃が容赦ない!

良いウォーターワールドでした。凄く好きだ!

天気が怪しくなってきたのでお昼ご飯とします。ごった返すレストラン「ディスカバリーフードコート」で。雰囲気はディスカバリーセンターですね。

このお店はシンガポール料理のお店です。自分は海老ワンタンの麺をチョイス!これが本当に美味しかった!スープに海老の味が溶け込んでるんです。思わぬ当たりでした。スープまで完食!

しばんぬさんはラクサをチョイス。

トイレでウォッシュレット見つけたよ。どうやって使うんだ!?

遠い遠い国へ・・・

次はシュレックのエリアへ。立派なお城があるんです。

城下町も形成されています。

この立派なお城。中にあるのはシュレック4DというUSJにもあるアトラクション。中身に比べて豪華すぎないかかの建物はww こんな豪華な扱いをうけてるのはシンガポールだけでしょう・・・w

20分程度の待ち時間で体験可能でした。シュレックエリアはいろいろかわいかったです。シュレックの家もありましたよ。

そしてジュラシックパーク!

何故か写真がないジュラシックパーク。他のユニバーサルスタジオのものと違って、ボートが円形のタイプです。オーランドのカリ・リバー・ラピッドみたいなやつです。濡れました(笑)

マダガスカルエリアもあります!

お次はマダガスカルエリアへ。

豪華客船…ではなく貨物船。この中がライドになってます。

ジャングルエリアなんです。マダガスカルで1つ、シュレックで1つテーマエリアが出来てるってすごいよね。そのうちハリーポッターで1つ追加されるかな。

乗るのはコイツ。全く期待してなかったのに面白かった!!

あ、余談ですがユニバーサルスタジオシンガポールの水飲み場はつまらないです。

Part3で完結します…つづく。

▼ここからネタバレ感想エリアです。

ウォーターワールド。安定のショーでした。USJと違うところ見つけられず。途中ディーコンがUSJで「石川遼」というところは、「タイガーウッズ」になってました。カンナムスタイルなどのネタも仕込まれてました(笑)ちょっとだけですが、大阪の感想を昔に書いてます。

シュレック4Dは、実はオーランドでも大阪でも体験して無くて今回が初。意外にプレショーが凝っててびっくりしました。

肝心の4D映画は、椅子が壊れてて自分達のだけ全然動かなかった!!!こりゃ酷い(笑)もう一回トライする気も起きず帰りましたw

ちなみにキューラインもシンガポールオリジナルでしょうかね?

アトラクション後にはこんな面白い観覧車がありましたが、元ネタがわからずツッコミできず。シュレック見直してから行くべきだったか。

ジュラシックパーク・ラピッド・アドベンチャー、USJ版のは全然好きじゃないんだけどこちらのは楽しかった。相変わらず恐竜の動きはショボいけども、円形ボートがぐるぐる回るし水が回るし揺れは激しいし…で恐竜いなくても楽しめるようになってます。ラストシーンはどうなるの!?と思ってましたがこれがまた凄かった。円形ボートのライドのイメージからは予想をしない動きをするので是非オススメです。

Madagascar: A Crate Adventure、期待値ゼロで乗ったらかなり楽しいじゃないかと! ロボットの動きはディズニーパークと比べものにならないくらいショボいですよユニバーサルは。しかし、アトラクションのテンポが良いんです。最初から最後までオーディオアニマトロニクスで進むのがディズニーアトラクションの鉄板だと思うんですけど、マダガスカルは途中で巨大スクリーンを活用したりという変化が楽しくてですね。ユニバーサルらしい良い子ども向けライドに仕上がってると思います。


この記事は連載です!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この実体験を書いた人

建築鑑賞をこよなく愛する下っ端会社員。歴史的建造物よりも現代建築を好みます。建築はど素人ですが、見て歩いて写真を撮って、気の向くままに楽しんでいます。

コメント

コメントする

目次
閉じる