【シンガポール旅行記】赤道直下の未来都市へ!その8(2日目vol.6:アラブストリート編)

この記事は…

実体験であることを保証します!

連載「【シンガポール旅行記】赤道直下の未来都市へ!」の記事です。(8/17)

約 2 分で読めます。( 792 文字)

ガーデンバイザベイの次は、アラブストリートへGO!

目次

アラブを感じる! 魔法のランプはどこ!?

マリーナベイサンズのタクシー乗り場から、「ブギス」というエリアをめがけて出発!

ブギスにはこんな立派なショッピングモールがありました。地元のシンガポーリアンがたくさん。

お目当てのサルタン・モスクまでちょっと歩きます。途中に、パークビュースクエアという立派なビルがありました。金かかってるだろうなあ…。東京にはこういうビルないよねえ。

それから、シンガポールは色がとても綺麗な街でした。派手な色合いなのに、嫌みがなく美しい。カラフルな団地。

サルタン・モスクへ

歩いて行くと段々と見えてきたモスク。

中では何かが行われているようで、祈りの歌声?が聞こえてきました。

モスクの正面はちょっとした参道(?)になっていて、お店が並んでいます。といってもほとんど観光客向けなんですが。

参道から見るモスクはもう異世界です。

こんなお店もありました。レディじゃないから着れないわ!

この時点で時間も予定よりかなり押しているので、早々に引き上げます。ここから歩いてホテルへ向かいます…が意外と遠かったのがミス。しかし徒歩も楽しいものがたくさん。

市場のようなところを覗いてみたり。アラブと言うより台湾のようなノリ。

南国フルーツ天国!シンガポールじゃ採れないらしいですが。

ドリアンもありましたよー。安いモノから高いモノまでピンキリで、美味しいのは当然高い。食べれる自信なかったので買えませんでした…

途中にけしからん風貌のショッピングセンターが! ファサードの模様の怪しさ、所々から木が生えてたりとかなりSFチック…。(あと写真手前の街灯もかっこいいでしょ?)

中には日本でもお馴染みの店舗が並びます。やよい軒。南○徳にもあるね!

やたらとオシャレなココイチまで。

ホテルへ戻って一旦休憩です。その次はインド街へと出かけます。つづく・・・


この記事は連載です!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この実体験を書いた人

建築鑑賞をこよなく愛する下っ端会社員。歴史的建造物よりも現代建築を好みます。建築はど素人ですが、見て歩いて写真を撮って、気の向くままに楽しんでいます。

コメント

コメントする

目次
閉じる