【道東旅行記】絶景阿寒湖ビュー! あかん悠久の里 鶴雅 別館 宿泊記 前編(初秋のひがし北海道 vol.5)

この記事は…

実体験であることを保証します!

連載「初秋のひがし北海道」の記事です。(5/11)

約 5 分で読めます。( 2508 文字)

はじめに

@fukuhomu です。2日目の宿泊先として阿寒湖の目の前、あかん悠久の里 鶴雅 別館に宿泊した話を書いたブログ記事です。前編です。

目次

2泊目はあかん悠久の里 鶴雅 別館へ!

泣く子も黙る鶴雅様の総本山

2泊目のホテルにチェックイン。巨大な白い鶴のエントランス、壁に見える大きな文字は「鶴雅」。そう、ここは鶴雅、鶴雅グループの総本山「あかん悠久の里 鶴雅」でございます。

あかん悠久の里 鶴雅の外観

鶴雅って何なのよん、ってことですが、元々はここのホテル「阿寒グランドホテル」から始まり1994年に「阿寒グランドホテル鶴雅」へとリニューアル。

一時期はうまくいかない時期もあったようですが、個人客に焦点を当てて高級なホテルにシフトすることで大人気のホテルへと…。

そして今やここのホテルに留まらず、経営が立ち行かなくなったホテルをリニューアルし再生することで、阿寒湖近辺だけで数軒、道内にもいくつかそう言う施設があったりと、北海道を代表する企業です。

北海道の温泉旅館・ホテル | 鶴雅...
北海道の温泉旅館・ホテル | 鶴雅グループ総合サイト【公式】 北海道で温泉旅館・ホテルのご宿泊は、鶴雅グループ。北海道全域に13の温泉旅館とビュッフェレストランを展開しております。森と湖の自然に恵まれた北海道ならではの温泉旅...

鶴賀グループ、全部行きたい!!!(笑)

豪華な館内…!

車で到着してエントランスで荷物を下ろすと駐車場の場所を案内されてそのまま駐車場へ。バレーパーキングサービスが無いので自分たちで駐車場まで移動します。駐車場からはピストン輸送のバスでホテルに戻ります。

チェックインは事前にスマホで実施し、こちらの機械で少しだけ更に操作。まさか北海道のこんなところでここまでのデジタル化が進んでいるとは、恐るべし鶴雅。

あかん悠久の里 鶴雅の自動チェックイン機

機械で操作した後は、カウンターで館内の説明を受けます。本日は「別館」宿泊なのでカウンターも特別です。

館内は川に橋がかかっていたり、

あかん悠久の里 鶴雅のロビー内

水面に浮かぶ月or太陽のような飾りが豪華(バブリー?)過ぎます。好き!!!

あかん悠久の里 鶴雅のロビー内

近づいてみたところ。とても良いですね。いつまでも水が流れていて欲しい…。

あかん悠久の里 鶴雅のロビー内

扉の向こうが「別館」

スタッフさんに連れられて部屋へと向かいます。本日宿泊する「別館」は別の建物なのかな…?と勝手に想像してたら何とホテルの中の隔離された空間でした。

あかん悠久の里 鶴雅 別館の入り口
西洋のホテルでいうクラブフロアに近い?

別館はもちろん、専用のキーがないと開きません。そして別館エリアは土足厳禁なので、入口で靴を脱ぎます。

あかん悠久の里 鶴雅 別館の下駄箱

宴会場か?という感じですが、この1つ1つが客室になっています。すごい。

あかん悠久の里 鶴雅 別館の廊下

別館の和洋室ルームツアー

なんといっても眺望が最高

部屋のタイプは和洋室。ベッド2つに広々とした和室があります。和室には座布団だけでなくソファがあり、マッサージチェアまで完備されていて素晴らしい。

あかん悠久の里 鶴雅 別館の客室内のベッドを和室

しかし一番素晴らしいのは眺望! 雄大な阿寒湖の景色をずっと見ていられます。

あかん悠久の里 鶴雅 別館の客室からみた阿寒湖の景色

これ以上ないのではと思ってしまう天気の良さ。さっき乗った船とはまた違う船が動いてますね。

あかん悠久の里 鶴雅 別館の客室から見た阿寒湖の景色

その他も大満足の部屋

部屋の設備も必要な部分はきちんと整備されていて良いです。洗面はダブルボウルにリニューアルされています。

あかん悠久の里 鶴雅 別館の客室の洗面所

トイレも個室で割と新しめ。

あかん悠久の里 鶴雅 別館の客室のトイレ

浴槽は賃貸住宅感がすごいw どうせ使わないからいいけど見た時は笑いました。

あかん悠久の里 鶴雅 別館の客室のユニットバス

洗面とは別に小さな流し台ありました。冷蔵庫は中に何も入っていないので好きに使えます。

あかん悠久の里 鶴雅 別館の客室の流し台と冷蔵庫

湯めぐりを楽しむ

隣の「鶴雅ウィングス」のお風呂、ピンネシㇼ・マッネシㇼも楽しみます!

部屋で休憩してから「ロストカムイ」を観に行った後は温泉タイム。ロストカムイについては1つ前の記事で。

あわせて読みたい
【道東旅行記】阿寒湖近辺を観光。阿寒湖観光船とアイヌコタンの話(初秋のひがし北海道 vol.4) @fukuhomu です。旅行2日目は晴天の阿寒湖近辺を観光します。阿寒湖観光船とアイヌコタンでロストカムイを鑑賞した話を書いたブログ記事です。 【青空の阿寒湖を楽しむ...

温泉は宿泊している「あかん悠久の里 鶴雅」に加えて、お隣の「あかん湖 鶴雅ウィングス」の温泉も使えるんです。

「鶴雅ウィングス」は隣にあり休館していた「ホテルエメラルド」を買収し鶴雅グループに組み入れたホテルです。

日本経済新聞
鶴雅グループ、カラカミから阿寒湖畔の休館ホテル取得 阿寒湖畔を中心にホテル・旅館を展開する鶴雅グループ(釧路市、大西雅之社長)は、カラカミ観光が同湖畔で7月から休館しているホテルエメラルドを取得する。旗艦施設「鶴...

鶴雅ウィングスへはきちんと室内通路があるので寒くなく移動ができます。

あかん悠久の里 鶴雅と鶴雅ウィングスの間にある滝
豪華な連絡通路

途中外に出ると阿寒湖を見渡せる綺麗な広場「阿寒イオマプの庭」なのですが、鹿が来ていました。

阿寒イオマプの庭で見た鹿

鶴雅ウィングスの大浴場は室内のみで露天風呂はありません。ですが、広々としてとても良いお風呂でした。(撮影はできないので例の如くInstagramを埋め込みます)

所々にある球体はマリモがモチーフでしょうかねえ…(笑) ちなみに名前のピンネシㇼは雄阿寒岳の意味で男湯、マッネシㇼは雌阿寒岳の意味で女湯です。

1階には鶴雅大阿寒温泉 豊雅殿

ウィングスからそのまま直行で悠久の里 鶴雅のほうの大浴場「鶴雅大阿寒温泉 豊雅殿」へと向かいます。こちらの棟には大浴場が2つあり、1階と最上階です。男女入れ替え制です。

大浴場に向かう通路の吹き抜けのバブリー感、最高です。

あかん悠久の里 鶴雅の大浴場「鶴雅大阿寒温泉 豊雅殿」に行く途中のエスカレーター

エスカレーターの脇には昔は水が流れていたと予想。今は枯れている…照明は後付けでしょうかね。(今はもう機能していない水の蛇口のようなものもありましたw)

あかん悠久の里 鶴雅の大浴場「鶴雅大阿寒温泉 豊雅殿」に行く途中のエスカレーター

大浴場は巨大でなんと3層構造! 阿寒湖を見渡す露天風呂から洞窟を再現した風呂までバラエティ豊かで最高でした。サウナももちろん有ります。

あわせて読みたい
1F 大浴場 鶴雅大阿寒温泉 豊雅殿 | あかん遊久の里 鶴雅【公式】 北海道の温泉なら「あかん遊久の里鶴雅」へ。阿寒の湖と緑深い大自然を心ゆくまで堪能できるお部屋と、北海道の海・山の幸などふんだんに使用したお食事、阿寒湖と雌阿寒岳...

広々していて休憩出来るスペースも多いので長居できます。とにかく最高でした…。

別館滞在客用のラウンジ

湯上がり後は別館滞在客のためのラウンジ「七竈」で休憩。

あかん悠久の里 鶴雅の別館宿泊者用ラウンジ

ワインとウイスキー、じゃがいも焼酎、オレンジジュース等が無料です。

あかん悠久の里 鶴雅の別館宿泊者用ラウンジのお酒

お菓子も少しあります。

あかん悠久の里 鶴雅の別館宿泊者用ラウンジのお酒

でもここは…湯上がりビールが良かった……夕食へのスタートダッシュを切りたかった……!!というのが残念ポイント(笑)

この後は夕食へと向かいます。つづく…

この記事は連載です!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてピヨ✨
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次