【函館旅行記】ああ美しい…秋の大沼公園を散歩した話(冬の一歩手前の函館をゆく Vol.3)

この記事は…

実体験であることを保証します!

連載「冬の一歩手前の函館をゆく」の記事です。(3/5)

約 3 分で読めます。( 1328 文字)

はじめに

@fukuhomu です。函館旅行2日目はラビスタ函館ベイの名物朝食バイキング、そして大沼公園からスタートです。秋の美しい大沼公園の散歩を紹介するブログです。

目次

ラビスタ函館ベイの朝

朝風呂からスタート

函館旅行の朝は早い!! 6時過ぎに日の出と共に起床です。昨日沢山飲んだのに良く起きれたよね、偉い。

そして朝風呂へ。函館山の景色は当たり前だけど陽が出てないと見られないので、景色的には朝の露天風呂、最高です。

休憩スペースから撮ったけど風呂からの景色も同じ

朝風呂に入って胃腸を起動wしてから、いざ、朝食バイキングへ。

いくら食べすぎ注意報

7時に朝食バイキング会場「北の番屋」へ行きましたが既に大行列。みんなどれだけ早起きなの。

入場まで少し待ちましたが、売りの海鮮丼コーナーへ!

会場内に2箇所ある上にそれぞれに2皿ずつ配置されてるので実質4箇所あります。なのでそこまで大混雑にならないのが◎!

しかし、海鮮丼はつい欲張ってしまい綺麗に盛るのが難しいですね…。

いくらとサーモンと甘海老と薬味たっぷり

ビーフシチューなどの洋食もありましたが、海鮮丼をメインに据えるとなると和食で揃えたくなるかなー!!

というわけで、ごちそうさまでした。

秋の大沼公園へ

特急「北斗」でアクセス

朝8:55の特急北斗に乗って大沼公園へと向かいます。1時間に1本くらいしかないので乗れるかはらはらしました(笑)

乗ってしまえば30分ほどであっという間に大沼公園へと着きます。途中に見えた景色が素晴らしかった…。

車窓から見れた景色。すごい。

とても風情がある駅舎、大沼公園駅です。静かな駅でした。駅前で自転車など借りられますが、今回は公園内を散歩したので借りません。

大沼公園は駅から歩いてすぐ。大自然なのにこんなにアクセスが良いなんて…!

美しい大沼公園を散歩

秋の快晴の大沼公園は、それはそれは美しい場所で……。島めぐりコースという散歩道(通常50分コース)で回ることにします。

どこをとっても美しい場所です。

沼という名前ですが、ちゃんとした湖です。島が点在しているので、橋を渡ってその島々を巡る散歩コースでした。

行ってから気付いたのですが、陽がまだ上がりきっていない午前中がベストの天気なのかもしれない…!

美しさに癒されます。秋は嫌い(笑)でしたがちょっと好きになりましたw

ゆったりクルーズ

1時間ほど散歩した後は大沼を遊覧するクルーズへ。ただ船に乗るだけでなくガイドのおじさんがずっと話してるので、とても面白かったです。

向こうに見える山「駒ヶ岳」がとても美しい。

かつては富士山のような形をしていたらしいのですが、噴火によって上が吹っ飛んでしまったそうです。

自然の力って本当にすごいですね。ちなみにですが、大沼湖は河川が堰き止められてできた「堰き止め湖」です。(カルデラ湖ではないです。)

函館に戻ります

大沼公園の大自然を満喫した後は再び函館へ。帰りも北斗に乗ります。行きとは違うやつですね!

乗ればあっという間に函館駅です。12時半。2日目の観光、後半が始まります。

あ、そういえば函館駅〜大沼公園駅はSuicaが使えないのでご注意ください。

つづく。


この記事は連載です!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてピヨ✨
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる