那須の半日ドライブ旅行の話

この記事は…

実体験であることを保証します!

連載「週末那須旅行記」の記事です。(3/3)

約 3 分で読めます。( 1379 文字)

@fukuhomu です。那須塩原旅行2日目は、夕方の新幹線まで色々と観光地を巡ります。

目次

緑豊かな地に点在する観光スポットを巡って

スタートは藤城清治美術館

THE KEY HIGHLAND NASUをチェックアウトして向かったのは「藤城清治美術館」です。

一般財団法人藤城清治美術館那須高原
藤城清治美術館(公式ホームページ)
藤城清治美術館(公式ホームページ)一般財団法人藤城清治美術館那須高原のトップページです

名前は知らなくても誰もが一度はみたことあるであろう影絵の作者の美術館です。

安藤忠雄インスパイア?な入口から期待感が高まります。

森を進むごとに藤城清治のキャラクターが立っているのがとても可愛くて、良いです。

美術館の前に教会を見るように案内があったので、先に教会を見学。

感染症対策の成果中には入れないのですが、ステンドグラスを見ることができます。

生きた美術館にしたいという想いから教会も作ったそうで、実際に結婚式もできるそうです。

美術館の中は撮影禁止なので写真はないですが、「劇場型」と名乗ってるだけあって展示を順番に追う構成がとても楽しかったです。

特に終盤の動く影絵や水を使った大作は一見の価値あり……! 来てよかった!!

こんなところにバリ島が!? アジアンオールドバザール

藤城清治美術館で心が洗われたあとは、アジアンオールドバザールへ。インドネシア、ベトナム、タイ、ネパール、インドの輸入品を販売するお店が集まった商業施設です。

あわせて読みたい
那須高原にあるアジアンミニテーマパーク | Asian Old Bazaarアジアンオールドバザール;那須高原にあるアジアン雑貨や衣類、インテリア、食品等を販売しています。レストランも2店舗あり、本格的なアジアの味を楽しめます。

駐車場からいきなり割れ門が現れて笑います。バリ島の寺院に見られる門です。

色々面白いものが売っていて、海外旅行気分を味わえる場所でした!!

バブリーなお菓子の城

お次に向かったのは「お菓子の城」。1989年に出来たらしいのでまさしくバブリーな施設です。

ここでは「○の月」に激似のお菓子「御用邸の月」を作っていて、買うことが出来ます。

何としても自分がオリジナルであることを主張するスタイル

「御用邸の月」、味は美味しかったです(笑)

バターのいとこ へ

お菓子の城の近くにあった「バターのいとこ」というお店にも行きました。バターを作るときに出るスキムミルクを有効活用したお菓子、だから「いとこ」という訳でそうです。

バターのいとこ
バターのいとこ
バターのいとこ無脂肪乳から作ったミルク感たっぷりのジャムをバターが香り立つゴーフル(ワッフル)生地でサンド。「ふわっ・シャリッ・とろっ」の3つの食感がたのしい那須のしあわせ新銘...

お洒落なブランディングによって大人気だそうですが、この時はタイミングが良かったのかすぐ買えました。バターのいとこ自体はここでは食べずに、ここでは飲むヨーグルトを飲みました(笑)

一応行ってみた千本松牧場

ホテルで千本松牧場のソフトクリームが食べれたので、もうあまり来るモチベーションは無かったのですが来てみた千本松農場です。

お昼ご飯を食べてなかったのでジンギスカンを食べようかとも思ったのですが、あまりお腹空いてなくてやめました。めーめーランドに癒されました。ヤギってホントに高いところ好きだよね。

ラストはカレーで〆

大和屋というコーヒー屋さんへ

高崎に本店がある大和屋というコーヒー屋の、のれん分け店であるこちらへ行きました。(ウェブサイト見る限り資本関係はなさそうな模様)

いただいたのはカレー。コーヒーは朝2杯も飲んでしまったから飲みませんでした…。

スープカレーだったらしいですがあんまりスープカレー感は無かったです。ごちそうさまでした。

那須塩原駅の皇室専用扉を横目に、新幹線で帰ります。

那須旅行、おしまいです。


この記事は連載です!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この実体験を書いた人

建築鑑賞をこよなく愛する下っ端会社員。歴史的建造物よりも現代建築を好みます。建築はど素人ですが、見て歩いて写真を撮って、気の向くままに楽しんでいます。

コメント

コメントする

目次
閉じる