旅行ブログ:TIKIKITI.JP

1/25のミニチュアで世界旅行!東武ワールドスクウェアに行った話(週末鬼怒川旅行記 Vol.3)

      2020/03/17

この旅行記は が書きました。

連載「週末鬼怒川旅行記」の記事です。(3/3)

約 5 分で読めます。(2201 文字)

fukuhomu ってこんな人

建築鑑賞をこよなく愛する下っ端会社員。歴史的建造物よりも現代建築を好みます。建築はど素人ですが、見て歩いて写真を撮って、気の向くままに楽しんでいます。

 

はじめに       

@fukuhomu です。あさやホテルをチェックアウトして、2日目に向かうのは東武ワールドスクウェアです。

こちらも約20年ぶりにやって来た。東武ワールドスクウェア。

あさやホテルからはバスで

あさやホテルから東武ワールドスクウェアへはバスで向かいました。

バスはダイヤが決まっている上に事前予約制なので、フロントで予約しておきましょう。とはいえそんなに遠くもないので、面倒な人はタクシーで行っても良いかもしれませんね。

スクエアじゃなくてスクウェア!

バスに乗って立派なエントランスの東部ワールドスクウェアに到着です。なんか菊竹清則先生っぽさある大屋根でございます。

入場口が屋内になっている! 前はディズニーランドのエントランスみたいに筒抜けだったよね。

音声ガイド大好きマンなのでもちろん借りちゃう。コンテンツ多すぎて聴き切れませんでした(笑)

東部ワールドスクウェアってどんなとこ?

東武ワールドスクウェアは、1/25で作られた世界の名所のミニチュアを展示するテーマパークです。ミニチュアの数は約100点!!

1/25になると人間のミニチュアはだいたい7cmになります…。634mのスカイツリーは約25mということになります。

1986年に着想されて1993年に開業という時間軸。まさにバブル時代の産物と言うわけですが、そのミニチュアの精巧さはほんとに凄いのです…!(ちなみにあさやホテルのあの吹き抜けは1990年にできたそうです。あっちももちろんバブル♡)

世界旅行ハイライト!

というわけで、量が多すぎて全部を紹介することは不可能なので特に心に残っているポイントに絞ってご紹介します。

世界旅行はまず東京からスタート。一発目が国会議事堂なのは何か意図があるのだろうか…(笑) 実は行ったことないので行ってみたい。

東京駅の丸の内駅舎。八重洲側は今のように開発される前の景色ですが、丸の内側は既に今のドームの形でミニチュアになっています。

ミニチュア作る時に初期のデザインを採用したから、結果的に本物の東京駅がドームを復原したことで同じになったらしい(笑)

成田空港は昔の名前、新東京国際空港がそのまま残っています。

航空機のデザインも懐かしいやつが色々ありますが、ミニチュアの世界では現役です!

代々木の競技場は、多分あんまり変わらんね。ミニチュアになってもカッコいい。

フランク・ロイド・ライトの名作と言われる旧帝国ホテル本館。小学生の時にこのミニチュアを見た記憶は全く無いですが、今はこのミニチュアの有り難さを感じます。笑

こんなかっこいいホテルが東京駅近くにあったなんて、信じられないというか、もったいないことをしたというか…。

お次はアメリカ!

現代日本ゾーンの次はアメリカです。

アメリカゾーンで一際目立つのは9.11で崩壊したワールドトレードセンタービルディングが健在なとこですが、細かくみると小ネタが…。

いきなりのウエストサイドストーリー!!! 裏側に回らないと見つからないので是非探してみましょう〜。

エジプトを抜けてヨーロッパ

アメリカの次はエジプトです。怒涛のピラミッドとスフィンクスの遺跡が並びます。

そしてヨーロッパ。まだまだ続く世界旅行。ノルウェーからはボルグンド教会堂。EPCOTのノルウェーパビリオンにもあるやつ(スターヴ教会)の仲間ですな。

ギリシャのパルテノン神殿は大理石が練り込んであるんだって…。

ドイツのノイシュヴァンシュタイン城は後ろの木々がいい感じで森の中の城みたいに(笑) ※実際の城は背景に森は無い。

そしてまたアジアへ

タイからワット・アルンが最新の展示物として追加されたようです。しかも本物の色を塗り直したやつと同じ色です。

寺院の中の精巧な作り、まさにこの通りで、階段の段差が大きくて怖かったのを思い出しました。

隣にはヤック・モックもいます。前回のバンコク旅行でこちら側の建物の存在を知らずに行き忘れたのを後から知ったので、ミニチュアでその位置関係をちゃんと復習出来ました。

いつか行ってみたいイランのマスジット・イ・シャーはワットアルンのお隣に。

ヨーロッパ・アジア共に他にも沢山の見所がありましたが、書き切らないので大幅省略です。目で見て確かめて!

最後は日本ゾーン

最初のは現代日本ゾーンで、最後は日本ゾーンで日本ゾーンのサンドウィッチ構成になっています。

日本ゾーンはミニチュアもすごいけど、植栽の作りが本当に凄い! 平等院鳳凰堂です。

厳島神社はこの通り。写真だけ見せたら一瞬「本物?」って思ってしまう気がする。

日本の四季という空想世界のミニチュア、岩肌の山がすごい!笑

音声ガイドを片手に世界一周旅行、2時間くらいでした。音声ガイドは全て聴いたわけではないので、じっくり観ると3時間はかかったと思います…。

世界旅行のそのあとに

お昼ご飯はカレー

すっかりお昼の時間なのでカフェテリア的なレストランでカレーをいただきました。

ライスがピラミッドのカタチ!! 味は普通のカレーでした。

これで旅行はおしまい

帰りも特急列車で帰ります。最寄駅は東部ワールドスクウェア駅です。小さいけど可愛い駅。

帰りは特急リバティです。新しくてピカピカてす!!(スペーシアはやっぱりちょっと古い!笑)

というわけで、鬼怒川の旅行はおしまいです。天気が良くて良かったです。また少ししたら、東部ワールドスクウェアはじっくり観たいなあ〜。

おわり。


この記事は連載です!

 - 栃木

 

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。