実体験の旅行ブログ:TIKIKITI.JP

【金沢旅行記】出張の前泊でもりもり寿しで寿司をもりもり食べた話(半日で巡る金沢の建築旅 Vol.1)

   

この旅行記は が書きました。

実体験であることを保証します!

連載「半日で巡る金沢の建築旅」の記事です。(1/4)

約 3 分で読めます。(1023 文字)

fukuhomu ってこんな人

建築鑑賞をこよなく愛する下っ端会社員。歴史的建造物よりも現代建築を好みます。建築はど素人ですが、見て歩いて写真を撮って、気の向くままに楽しんでいます。

 

はじめに       

@fukuhomu です。金沢にちょっとだけ行ってきてちょっとだけ楽しんできたのでそんな話を書きます。

行くぜ!金沢! ※仕事で

ささやかな抵抗=前泊

仕事で金沢出張が決まり、なんと月曜日朝からお仕事だったので下っ端会社員のささやかな抵抗として前泊を早めに向かい観光することにしました。

大阪はしょっちゅう行っているわけですが、仕事で金沢は初めて! 以前金沢に行った時は新幹線がまだ開通していなかったので北陸新幹線も初めてです。

新幹線の駅は普通でしたが所々に金箔がありました。(もっと屋根とかに金かければよかったのにとかは言ってはいけない)

金沢駅のシンボル「鼓門」は相変わらずご立派で写真撮影スポットとして大人気ですね。

歴史的建造物でも無いのにここまでキャラ立ちするものを街にドカンと置いたのは街づくりとしては大成功の事例なのでは…。

寿司を摂取しましょう

早速建築巡りツアーに出かけたいところですが、金沢に来たからにはまずは寿司を摂取しに行きましょう。

向かったのは金沢駅前のイオン系のショッピングビル、フォーラス金沢にある「もりもり寿し」です。もりもり!! 約10年ぶりの再訪!

もりもり寿し 金沢駅前店 (北鉄金沢/回転寿司)
★★★☆☆3.71 ■予算(夜):¥3,000~¥3,999

ピーク時間帯からずらすために14時以降の到着にしたのだけれど、30分くらい待ちました。大人気……!

昔と違ってタッチパネル式になっていました。お寿司はほとんど回ってないね。

そして早速ノドグロを注文。頼んだお皿はその名も「白身三点盛」。活〆真鯛・活〆平目・ノドグロのトリオです。強い。

白身魚の味の区別がつかなかったらどうしよう…と思いましたがノドグロの圧倒的な旨味ウェーブが口の中で大洪水を起こし全くもって無駄な心配でした。(もちろん鯛も平目も美味でした。)

他にも北陸でしか食べられないガスエビとかね、もうね、口に含んだ時に幸せが満ち溢れるわけです。

ホタルイカも金沢ならではで嬉しいですね。海苔もパリパリで良いです。

金沢だとお寿司は安いから〜とか言いながら5000円近くかかったのは秘密です。あはは。

建築巡りをはじめよう

さて、今回の出張前泊旅のテーマは「建築巡り」です。お目当ては以下の通り。

  • 鈴木大拙館
  • 谷口吉生・吉生記念金沢建築館
  • 金沢21世紀美術館(行けたら)

寿司でお腹をパンパンにして建築巡りはスタートです。時間短縮&大人だから鈴木大拙館まではタクシーで乗っちゃうぞ〜!

つづく


この記事は連載です!

 - 金沢

 

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。