旅行ブログ:TIKIKITI.JP

【バンコク旅行記】ワット・パクナム そこは美しすぎる祈りの空間(雨空と祈りのタイ旅行 Vol.7)

      2019/09/28

この旅行記は が書きました。

連載「雨空と祈りのタイ旅行」の記事です。(7/13)

約 4 分で読めます。(1503 文字)

fukuhomu ってこんな人

建築鑑賞をこよなく愛する下っ端会社員。歴史的建造物よりも現代建築を好みます。建築はど素人ですが、見て歩いて写真を撮って、気の向くままに楽しんでいます。

 

はじめに       

@fukuhomu です。2日目も寺巡りからスタートです。2泊目からホテルが変わったので次のホテルに荷物を預けて、出発です。

今大人気の「映える」お寺 ワット・パクナムへ

あれ、Grabが捕まらない

ワット・パクナムの大仏塔は新しいらしいですが、その美しさで今や日本のガイドブックでも特大で紹介されているお寺です。

ワット パクナム パーシーチャルン 口コミ・写真・地図・情報 – トリップアドバイザー
ワット パクナム パーシーチャルン(バンコク)に行くならトリップアドバイザーで口コミ(401件)、写真(753枚)、地図をチェック!ワット パクナム パーシーチャルンはバンコクで14位(651件中)の観光名所です。

最寄り駅から少し遠いので、Grabで行こう〜と思いきや全く捕まらない!(問い合わせなどもしたが原因は不明…キャンセルとかしてないよ……困る〜!!)

というわけでまずは最寄り駅まで電車で行くことにしました。

新しい電車なので切符もICです。アジアの人は日本の磁気の切符を見たら逆にびっくりするんじゃないか(笑)

中心部から数駅で着きました。すぐそこに見えるやつがソレです。こう見えると意外と歩けそうだけど真っ直ぐな道が無いです。

そしてスコール

駅から出ようとしたら、、土砂降りのスコール。初めての洗礼です。止まないスコールは無いので少し駅で待機して待つことに。

数十分待って大分落ち着いてきたので、ここからGrabで出発です。普通のタクシーも沢山来ているので、タクシーに抵抗が無ければタクシーでもOKかと。

くねくねとした道を進んでワット・パクナムに到着です。お目当てのものは「大仏塔」なのですが、その前に車はつけられないので少し離れたところで降ります。

美しい大仏塔へ

こちらがこの仏塔です。白い。

靴を脱いで上がります。下の階は博物館?になっており仏教関連のものが沢山展示されています。

ワット・パクナムの全体像が描かれた壁画です。

階段は大理石。柱はゴールド。豪華絢爛……。

そして仏塔の緑のドームへ……見たことのない美しさ……。仏塔の中に仏塔です。さっきの白いこの建物がすぽっとここに収まってますね。

とにかく美しい。これはすごい。陽の光が降り注ぐ時間帯(早めに)行くことがベストです。

なお、沢山日本人の観光客が来ていましたが、こちらは宗教施設なのでくれぐれもうるさくしないように!!!!

ドームなのでちょっと喋ったり笑ったりしただけで声が響きます。マナーを守れないのは最低最悪です。

そして、休憩施設ではないです。仏塔に足を向けて座ってどうでもいい雑談してる男子も同じです。最悪です。

というわけで、マナーがあまりに悪いと将来入れなくなったりするので気をつけましょう。

隣の本堂(?)にもお参り

道挟んですぐの建物へ

美しい仏塔にはお供えや寄付をする所を見つけられなかったのもあり、隣の建物にも行きました。99%の日本人観光客はこちらには来ないと思われます…(笑)

こちらでお金を払うと、お花・ろうそく・金箔がいただけます。

見様見真似で参拝スタート。まずはろうそくを置きます。火は点けません。何度でも使える(?)

金箔は仏様に付けさせてもらいます。

こっちの象さんでもOKです。

こんな感じでペタペタすると金箔が付きます。これ金箔が付きすぎたらどんな感じになるんでしょう……。

ワット・パクナムのナムは河

建物の奥に進むと河があります。タイっぽい景色ですよね。

若者達が何やら餌を買っていたのでついていくと……

うぎゃああああああああああああ

魚の数wwwwwwwwww

鳥には餌やり禁止なのにあげる人がいるから鳩の大群が来て悲鳴wwwww

若者達は5分も経たず餌やりを終えて、帰って行きました。バンコクの寺のアトラクション、なかなかの迫力でした…(笑)

つづく。


この記事は連載です!

 - バンコク

 

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。