旅行ブログ:TIKIKITI.JP

【マカオ旅行記】ポルトガル時代の面影が残る、世界遺産の街へ。(それは魅惑の都市Ⅱ Vol.7)

   

この旅行記は が書きました。

連載「それは魅惑の都市Ⅱ」の記事です。(7/12)

約 5 分で読めます。(2502 文字)

fukuhomu ってこんな人

建築鑑賞をこよなく愛する下っ端会社員。歴史的建造物よりも現代建築を好みます。建築はど素人ですが、見て歩いて写真を撮って、気の向くままに楽しんでいます。

 

はじめに       

@fukuhomu です。朝からプール&ビールを楽しんだあとは、マカオの世界遺産巡りへ出発です。

マカオのもう一つの顔、世界遺産の街へ

タクシーでゴー!

マカオといえばカジノが一番有名ですが、昔ポルトガル領だった頃の名残で、たくさんのヨーロッパ風の建物が残っています。

それらは世界遺産に認定されていて、今では一大観光スポットに。

シェラトンがあるコタイエリアからは歩いていけないので、タクシーで向かいます。海の上を貫く巨大な橋を通って、あっという間です。

路面の舗装が素敵な石畳になってて、マカオっぽい。ただ街並みは香港とあまり変わりませんね。

少し歩くと有名なセナド広場です。

街並みがカラフルでフォトジェニックな街です!

聖ドミニコ教会

街並みは全て本物なので、中に入ることも可能です。こちらはセナド広場目の前にある聖ドミニコ教会。

教会の2階から上は資料館になっていて、いろいろなものが置いてあります。(無料)

聖ポール天主堂跡とエッグタルト

マカオで一番有名なのはこちら、聖ポール天主堂跡ですね。歩いてすぐです。

雲行きが怪しい…

もう、とにかくスゴイ人の数!!! あと外せないのがマカオ名物のエッグタルト。

マカオで食べれるエッグタルトは、生地がパイ生地になっていて、サクサクとろ~り感が良いんです! タルトというよりもはやパイですね。

裏から見る聖ポール天主堂跡もまたいとをかし。

澳門博物館へ

聖ポール天主堂跡のすぐ隣にある澳門博物館へと行きました。

この博物館、昔の砲台跡を活用して作っているようなのですがとにかくわかりにくい。

建物が全然見えない!!!

多くの人が気づかずに通り過ぎているのでしょう…。

中は素敵な展示がたくさん。

あ、これはWindows……

当時の昔の地図とか…(日本の形がヤバイ)

フォトジェニックな街並みの再現とか…

そして屋上には大砲が置いてあります。かっこいい!

マカオで大雨

アジアあるある? とりあえず雨宿り

澳門博物館を観終わり、さあ次へ行こうと思ったら雨。なんと傘をホテルにおいてくるというアホなことをしてしまったのでとりあえず澳門博物館を出ずに雨宿り。

数十分待ち、少し雨がマシなってきたところで出発しました。

せっかくマカオに来たので、少しでもポルトガル料理をいただこうとレストランへ行きました。

ポルトガル料理のESCADA

前回マカオに来たときも行ったお店なので、記憶を頼りに歩いてみる…。

するとあった!ESCADAさん!

日本のガイドブックにも載ってるお店なので、もう店内日本人だらけ(笑) 隣も後ろも日本人!!! ちなみにお値段、結構高いですw

どこ行ってもとりあえずビール。ってことで、ポルトガルビールにしたよ。

料理はこんな盛り合わせを頼みました。


コロッケとかタコのマリネとか、ポルトガルっぽい料理が盛り合わせてあって良かったです。

そしてもう一皿。マカオ名物、アフリカンチキン。

ココナッツミルクやらスパイスやらたくさん入ってるカレー風ソースが、チキンとじゃがいもにかかってる料理。これ、写真じゃよくわからないけどすごい量なんです。

色んな国のエッセンスがフュージョンして生まれたマカオならではの料理です。ビールに合う!

朝ごはんをブッフェで食べすぎたので、もう十分すぎる量でした。ごちそうさまでした。

ただ外はさっきより土砂降りになっていてもはや歩けない状態。

しばらく店で過ごさせてもらい、雨が止むのを待ちました…。

さあコタイへ戻ろう。え、帰れない!?!?

脳天気にグランドリスボアへ

せっかくなので近くまで見えていたグランドリスボア(有名なカジノ)へ行きました。(見るだけ)

近くで見ると、下がこんなふうになっているとは知らなかったのでびっくりです。

いったいこれは何なのか…

中に入ると、とにかく豪華さに唖然としました。そして人がすごいwwwww

つかまらないタクシー、乗れない満員バス

さあグランドリスボアも見学したし、コタイに戻ろうか…と思ったらタクシーが全然つかまらない。そう、ただですらタクシーがつかまらないマカオ、雨宿りで動けなかった人たちが一気に動き出したので余計につかまらないのです。

流しのタクシーもみんな乗車中、ホテルの入り口に入ってくるタクシーすらない、たまに入ってきてもタクシー列に辿り着く前に他の人に取られちゃう。笑うしかないw

じゃあカジノホテルの無料バスで行くか…と思ったらそちらも長蛇の列でバス10台来ても乗り切れないくらいの行列が…。

そんなとき、ホテルのロビーでバスのルートを記載した紙をもらったことを思い出す…。

26A!!!! 26Aのバスに乗れればコタイへ戻ることができる!!!!!

30分以上さまよってもつかまらないタクシーを諦めて、バスターミナルへ。

でも、甘かった。。。

当然、バスターミナルも沢山の人でごった返していて、26Aバスも滅多にこないし来たとしても全然乗れない!!! これはやばいwwww

これは反対行きのバス

House of Dancing Waterの公演が控えていた僕たちは…公演を諦めるしかないのか…でもここでそれを言ったらオシマイだ…なんとかして乗るんだ……

 

そして何本か乗り損ねた後、また26Aがやってくる。

もうこれしかない。

これしかないんだ。

全力でバスに乗り込む。いけ!!!乗れる!!!!!乗れる!!!!!!!

乗れた!!!!!!!!!

バスの乗車口ギリギリ最後に乗車することに成功。

でも、バスにいくら払えばいいかわからん。お金払えって運転手がめっちゃ捲し立ててくるので、とにかくたくさん小銭を入れたら黙ってくれました(笑)

たぶん倍くらい払ったんじゃないのww

最前なのでとにかく景色が最高です。

 

この長い橋の向こうに、目的地のコタイがあります。

そしてなんとかコタイエリアに到着。

CITY OF DREAMSに帰ってきたぞ!!!!!!!! 思わずハイタッチしたよねwww

1時間ほどタクシー・バスに乗れずに彷徨い、公演15分前に到着…。

あのバスに乗れなかったら確実に遅刻でした……。

【教訓】マカオはバス・タクシーが全然乗れないので気をつけましょう

はやくライトレールが開業すると良いね…

つづく


この記事は連載です!

 - マカオ

 

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status