【香川旅行記】夜の高松を歩いて、やっぱりうどん。(海と建築に出会うひとり旅 Vol.9)

この記事は…

実体験であることを保証します!

連載「海と建築に出会うひとり旅」の記事です。(9/14)

約 2 分で読めます。( 684 文字)

はじめに

こんにちは、@fukuhomuです。

いつもだったら一気に旅行記を書き上げるのですが、瀬戸内海の旅行記はゆっくり書いています。今回は高松の夜の記事です。

目次

夜の高松市内へ

香川県庁舎のあとは

香川県庁舎のあと、大浴場に入りその後少し休憩してまた高松市内へ。

ホテルの目の前がピッカピカのアーケード商店街になっていたのでした。

しばらく進むと、天井にアレがwwww

これ、三越の紙袋の柄wwwwww

言われないとわかんねーよなwwwwwwwww

夕ご飯はやっぱり…

まあね、高松ですからね、ここ高松ですからね。

ほら……

 

 

 

 

うどんですよねーーーー^^

さっきも食べたけどまたうどんです。うどん

何故かうどん屋さんにあるセルフサービスのおでんと、ビールをいただく。

ビールおいしい! おでんおいしい! 楽しい!!

そしてやって来ました釜揚げうどん。

実は釜揚げうどん初めて食べました!! 美味しい楽しい!!

やっぱりうどんは外せないですね!!!

夜の高松散歩です

ことでんに乗る!

うどんの後は散歩をします。

何故か名前を知っている「ことでん」に乗りました。

片原町から乗車!

久しぶりに手にする、「電車の切符」です!

港へゴー!!!!

到着したのは、終点「高松築港駅」! 現代アートがお出迎え…

高松城の「月見櫓」がライトアップされていたり! 天守閣はないけど月見櫓は復元じゃない本物だよ!

夜の静かな築港

静かな港も、また風情があるものでした。

そして、めちゃくちゃ遠かったけど赤い灯台の近くまで行きました。

港で翌日乗る船を決めて、ホテルに戻りました。

明日もまた、船旅です。

つづく…


この記事は連載です!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この実体験を書いた人

建築鑑賞をこよなく愛する下っ端会社員。歴史的建造物よりも現代建築を好みます。建築はど素人ですが、見て歩いて写真を撮って、気の向くままに楽しんでいます。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる