旅行ブログ:TIKIKITI.JP

【ナパ旅行記】ソアリン聖地巡礼③ 大遅刻して気球に駆け込み乗車した話〜その2〜

      2016/03/06

この旅行記は が書きました。

連載「実際にソアってみた」の記事です。(3/6)

約 5 分で読めます。(2223 文字)

Pitts ってこんな人

海の外を転々としていたが、暫し日本に定住することにした人。旅行でもなんでもロクに下調べをせず、とんでもない目に遭うのがもはや趣味、かつ記事のネタとなっている。大自然・Disney Parks・美味いもんが三大欲求らしい。

 

はじめに       

時は2015年2月、まだまだ寒い朝6:00AMのナパバレーにて。

ハチャメチャな集合場所までの旅を経て、いよいよ気球ツアーのスタート!

気球でソアるまで

気球の膨らませ方

当然ながら気球は最初から膨らんでおりません。最初はこのように寝かされた状態から。

大きなガスバーナーのようなもので中の空気を温め、徐々に徐々に膨らませてゆきます。

そしてついに完成!

見た感じかなり時間がかかりそうでしたので、本当スタッフの方々何時からやってくれててたのだろう…と思って見ていました。僕なんか寝坊して6時集合ですら遅刻したというのにw

大事な大事な「ベンド・ニー」

飛行機が離陸や着陸態勢に入るように、気球にも離着陸時の態勢というものがあります。

しかしながら機械が自動やってくれるわけではございませんので、乗っているみんなで離着陸態勢を作るのです。

…と言ってもやり方は簡単、「ベンド・ニー」です。つまり軽く膝を曲げるのです。

これは気球が万が一傾いた時、また着陸時には非常に重要で、衝撃から自らの関節を守るのにも役立ちます。きっと地球上のどこで気球に乗る際にも必要なスキルですので頭の片隅にでも覚えておきましょう。

一人気球旅のリスクとは

僕は一人旅を好みます。

そして2月といえば…バレンタインですね。ここアメリカでは男性から女性を食事などに誘ったり、何かをプレゼントをすることが多いのです。

そう、気球ツアーなんかをね。ということで見事にチュッチュするカップルたちに挟まれての美しい空中遊覧が始まろうとしていたのでした。(ちなみにカップル皆めっさ優しかった)

We’re ready for TAKE-OFF!

いよいよ離陸!

周りの気球がどんどん旅立ち、ついに我々の番。陽気な気球の操縦士さんの「Are you ready??」の掛け声に応えてツアーのスタート!

実際にその時の映像で見ていただきましょう!!!

なんとあんなえらい高さまで!!!!!

そして気づかれた方もいらっしゃるかと思いますが、やはり朝が早いので朝焼けが非常に綺麗なのです。

朝焼けにうっとり。

葡萄畑も綺麗。

徐々に変わる空の色のグラデーションがたまらん。これは早起きする価値あるわ。

「冬サンフランのすゝめ」①

さて引っ張りましたが、ついに冬サンフランをオススメする理由をば。

まず1つ目はもちろん、この澄んだ空気と景色!

こちら奥に海が見える辺りはサンフランシスコです。

サンフランシスコ側の景色。

ナパバレーも一望。

ナパバレー側の景色。雄大。

澄んだ空気は景色を綺麗にしてくれるのはもちろん、吸う空気がおいしくなるなあと改めて実感。

「冬サンフランのすゝめ」②

しかしそれだけではありません。それがこちら。

頭上すぐ、触れる場所にあるガスバーナー。

気球はこのガスバーナーのようなもので中の空気をどちらにむけて温めるかによって操縦をしているわけです。

実はそのガスバーナー、まさに我々の頭上にあるのです。これがとにかく暑いんですね。つまり夏に来ちゃうと更に大変。操縦している方も「気球は冬がベストだよ!夏は火で炙られて暑いのなんの。」とおっしゃってました。

以下はハイライトの最上点にて。

ここで少し高度を一定に保ちながらみんなでお話タイム。「日本から来たよ!」というとみんな「?!?!?!」って感じでしたwww

でも操縦士のおっちゃんは何人も日本人の方を乗せたんだってさ。「みんなすごく喜んでこの地を離れたくないって言ってくれたから印象に残ってる」とな。うん、俺も離れたくないよ!ってかもはや住みたいよ??? …ということでぜひ冬に赤い橋を超え、優雅なドライブを楽しみ、気球に乗りに来てみては。

下降するのも、またいとをかし。

美しき葡萄畑

高度を落とす気球に少し寂しくなりますが、逆に低くなるにつれて美しくなるのが葡萄畑の景色。

そして徐々に足並みを揃える気球たち。

IMGP7797

ベンド・ニーを忘れず!!!

久々の地面

「たまに激しい揺れを伴うからね!覚悟しろよー???」という操縦士さんの脅しに一同ガヤガヤ。そして、、、

しかし特に激しい揺れもなく着陸!いやああああああ大満足だった!!!!

そして降りた後も美しい地表からのナパバレーの景色。

まだあんなに気球が。

お片づけ中。

この後は専用の車でピックアップしてもらい、元のワイナリーに帰ったのでした。

ありがとう、ナパバレー。

ウェルカムドリンクの誘惑

さて、胸いっぱいでワイナリーに帰ってくるやいなや「Welcome Baaaaaack!!!」と言われ渡されたのはスパークリングワイン。

最高じゃん?????? ん?????

そうだ俺、遅刻したんだった。

そうだ俺、車で来たんだった。

とりあえず写真だけ撮ろう…

くそー!!!飲みたかった!!!!

このまま召し上がりたい。

この後、無事に隣にいた上機嫌なおじさんにミモザカクテルを引き渡し、オレンジジュースで乾杯したのでした。

ブランチビュッフェで元を取ろうと無駄に張る食い意地が虚しい… ということでナパバレーでの気球の旅が終了。

いや本当に良かったんですよこのツアー。

ぜひとも冬にお酒を飲める環境を整えて行ってみてください。

では帰りの車で気球の操縦士さんと話した際の、シンプルでかっこいい一言で締めくくりましょう。

さて次回の【実際にソアってみた】④はガラリと変わって、また違う意味でカリフォルニアらしい雄大な景色をお届けいたします。


この記事は連載です!

 - サンフランシスコ, ナパバレー

 

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss