【WDW旅行記】オーランドに行きたいお年頃:その29(5日目vol.2 Islands of Adventureへ!)

この記事は…

実体験であることを保証します!

連載「オーランドに行きたいお年頃」の記事です。(29/39)

約 5 分で読めます。( 2527 文字)

まずは、Islands of Adventureから行きます。

★アトラクション・ショーなどの感想はまとめて最後に書いてあります!

目次

まずはお目当て、ハリーポッターから。

2つあるパークのうち、「アイランド・オブ・アドベンチャー」を最初に行くパークに選んだのは、やっぱり話題の「ハリーポッター」があるからでした!

というわけで入場早々、ハリーポッターエリアの「ハリーポッター・フォービドゥン・ジャーニー」を目指します。

いきなりフロリダなのに真冬みたいなエリアに到着!

混雑度が他のエリアと全然違う! 映画で観たまんまだと感動しました。

しばんぬさんは「あれ、ハリポタってユニバーサルじゃないよね?」と正直なご感想w

 

バタービールも気になったけど、とりあえずアトラクションへ。ホグワーツ魔法学校を目指します。

想像以上に、でかい・・・・!!!

確か60分待ちあたりでした。

ユニバーサル系のパークでは、荷物は乗車前に全て指紋認証式ロッカーに預けると聞いていたのですが、ハリーポッターはキューラインの途中にロッカーがありました。

カメラをロッカーに預けてしまったので、キューラインの写真は一切無いですが、とにかく、すごい!!

アトラクション自体も素晴らしいです。これは、たまげました。

オーランドに行ったらマストだと思います。

隣にある「ドラゴンチャレンジ」というコースターにも行きましたよ。

ハリーポッターに合わせて改装されたようですが、まあコースターです。

つり下げ式で、赤と青の2コースあり、併走するのが斬新!

ハリーポッター以外にも観るとこたくさん。急ぐ一行。

お次は、「ポセイドン・フューリー」。評判は聞いていましたが、いやまたこれすごい。すごい。

時間がないのでどんどんアトラクション回りました。

お次は、「インクレディブル・ハルク・コースター」。

見た目にビビって自分としては本当は乗らないつもりだったのだけど、2人は見た瞬間乗る気満々になってしまったので、行きました(笑)

どう考えても、ねじりすぎです。

しかしびびってたわりには、普通に楽しむ余裕がありました(笑)

スパイダーマンはアップデート中のため、おやすみでした。さすがにこのビルを模した外観は安っぽい気がしたけども、こっちが本家か。

入場料高かったし、せっかくだからまあ一周してみる?

とりあえずお目当てのアトラクションは回ったので、パークを一周したらユニバーサルスタジオへ移動することに。

パークの雰囲気が、アメリカど真ん中!という感じ。

ユニバーサル系の「水」は容赦してくれないからな。ましてはアメリカ。

前日のアニマルキングダム「カリ・リバー・ラピッド」も辛かったので今日は勘弁w

ジュラシックパーク! 乗らないけどとりあえず行ってみる

またハリポタエリアを抜けて、猫のエリア(?)を抜けてエントランスへ。

バタービールは大行列だったし、2人は全く興味なさそうだったからやーめた。

かくいう自分もアズカバンの囚人までしか観てないけど。

エントランス付近の雰囲気がほんと好きだ。また来たい!

ユニバーサルスタジオへと、移動します。つづきは「その30」で!

【オーランドに行きたいお年頃】 まとめページ https://tikikiti.jp/wdw2012

【ネタバレあるかもエリア】アトラクション・ショーなどの感想

ハリーポッター・フォービドゥン・ジャーニー

今までのアトラクションの未体験ゾーンへと踏み込んでる驚異のアトラクションです。

こりゃさすがのディズニーもビビってるかもしれません。

あの素晴らしい「ソアリン」の感動が薄れる恐ろしいアトラクションです。

言い表すなら、「ソアリン」+「スパイダーマン・ザ・ライド」と言えるかもしれませんが、そのレベルは数段上だと思います。

ユニバーサルお得意の映像を多用しているアトラクションなのですが、ロボットアーム型のライドの動きにより、本当に空を飛んでる感覚になります。

この部分においては、「ソアリン」も似たようなものですが、遥かに動きは激しく、そしてスクリーンは小さいです。

もちろん、「スパイダーマン・ザ・ライド」的なアトラクションと表したとおり、「ソアリン」と違いライドはレールに沿って動いていきます。

ただライドが縦横無尽に動くため(仰向け状態になる)、いつ進んでるのか・止まってるのかはかなりシームレスにできています。すごすぎる。

……って、伝わってますかね?

もうこれは乗ってもらうしかないです(笑) 映画を観てなくても楽しめます。

「エクスペディション・エベレスト」程度でなく、これくらいの気合いの入ったスリル・テーマライド(勝手に命名)をディズニーに挑戦してほしいものです。

ユニバーサルに拍手。

ドラゴンチャレンジ

2コース併走などと見た目はちょっと変わってますが、普通のつり下げ式コースターです。ループもします。

そこまで怖いわけではないです。キューラインはハリーポッター風になった…のかな?

ポセイドン・フューリー

これは…すごいです……!

ウォークスルータイプ(シンデレラ城ミステリーツアー的な?)のアトラクションです。

ただ、正直なところ英語なのでストーリーの理解があやふやでしたスミマセン。

中身は特殊効果好きにはたまらんです。

ハリーポッターとエントランスの間にひっそりと存在しているので、お見逃し無く。

インクレディブル・ハルク・コースター

最初はほんとに乗りたくなかったんです……!

だけど、最高に爽快感のあるコースターでした。乗り心地がなめらかで、身体への負担もあんなにひねってるのに(!)全然ありません。

USJの「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド」と結構似てます。(というか同系統なのでしょうか?)

見た目より全然怖くないので、勇気出して乗ってみる価値あり! あ、ハルクについて全く知らなくて大丈夫です(笑)

大阪でも感じますが、ユニバーサルのアトラクションの力はすごいです。

USJの「スペース・ファンタジーライド」もかなり面白いんですが、オーランドにあるアトラクションを持ってきてほしかった気もします。

【オーランドに行きたいお年頃】 まとめページ https://tikikiti.jp/wdw2012


この記事は連載です!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この実体験を書いた人

建築鑑賞をこよなく愛する下っ端会社員。歴史的建造物よりも現代建築を好みます。建築はど素人ですが、見て歩いて写真を撮って、気の向くままに楽しんでいます。

コメント

コメント一覧 (2件)

コメントする

目次
閉じる