【WDW旅行記】オーランドに行きたいお年頃:その9(登場人物篇)

この記事は…

実体験であることを保証します!

連載「オーランドに行きたいお年頃」の記事です。(9/39)

約 2 分で読めます。( 802 文字)

はじめに

本日はイラスト付き!

記事が多くなってきてわかりにくくなってきたので、今回からサブタイトル付けます!

目次

オーランド計画はこんな人達でやってます。

オーランド旅行計画の同行者(登場人物)をへたくそな自作イラスト付きでご紹介しまーす。とにかく髪型が上手くできなくて卵みたいになってスミマセンw

 

似顔絵 ※イラストはイメージです。(もっとイケメンになりたい)

まずは私です。言い出しっぺ担当。

初めての英語圏への旅行であり、不安で夜も眠れない(?)くらいドキドキしてる…かも?

オーランドももちろん言い出しっぺ。基本的に口が減らないので、気付くと一人でしゃべってることもしばしーば。人が気にしないところを気にしてしまう小心者だったりする。

 

 

似顔絵※イラストはイメージです。(本物はもっとイケメン)

「だーひー」さんです。地元をこよなく愛す九州系日本人。

サークルのお友達です。韓国・香港・大阪USJ…そして次のオーランドとたくさん遊んでくれるお友達の一人。

性格は真面目。最近はももいろクローバーにはまっているとか。しかし飽きっぽいので、次の物に興味が移るのは既に秒読み段階…かもしれない。

 

 

似顔絵

※イラストはイメージです。(本物はもっとイケメン)

「しばんぬ」さんです。こちらもサークルのお友達。香港・大阪USJの同行メンバーの一人であり、良き遊び仲間。ディズニーを好むことでも共通点が。

暇さえあればFoursquareでチェックインをしているので遊び人に見られる傾向があるものの、実はエリート街道まっしぐらなので決して侮ってはいけない。

メンバーの中では唯一のオーランド経験者。

 

以上、こんな3人で計画中でございます!

本人に無許可なので、クレームが来たら変更するかもしれません(笑) オーランド関係記事を読みながら、「こんな人達の話なのか…」と思っていただければ幸いです。

ではまたー。


この記事は連載です!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この実体験を書いた人

建築鑑賞をこよなく愛する下っ端会社員。歴史的建造物よりも現代建築を好みます。建築はど素人ですが、見て歩いて写真を撮って、気の向くままに楽しんでいます。

コメント

コメント一覧 (4件)

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる