【京都・大阪旅行記】カンサイバンザイ旅:その1(1日目Vol.1 食べる京都篇)

この記事は…

実体験であることを保証します!

連載「カンサイバンザイ旅」の記事です。(1/6)

約 3 分で読めます。( 1113 文字)

はじめに

今年でついに3年連続。恒例となった秋の大阪旅行です。今年は大阪と京都へ行ってきました。タイトルに特に意味は無いです。

今年もやってきました大阪旅行の季節です。2年前の大阪旅行以来(大学卒業旅行!)のメンバー4人が再集結しました。そして今回は豚に真珠…の新しいレンズがお供になってから初の旅行です!! では、はじまりはじまり。

目次

秋の京都は人だらけ

京都へは新幹線でGO! だーひーさんは九州から来るので、その他のしばんぬさん・すかいつりーさん・自分の3人で新幹線に。

そして昼前に京都へ到着。さすが秋の京都、すごい人ですよ。

京都についた瞬間に京都土産を確保する一行。

京都駅で見つけた回転寿司の看板。めっちゃクール!!! これ背景が京都の古地図(?)になってるんですよ。その地図の上を寿司が回る回るw 旅行者に重ねあわせているのだろうか?

荷物を預けようと、駅内にある荷物預かりサービスに伺うものの既にいっぱいで荷物を預けられず。というわけで、ガラガラと大きな音を立てながら京都市内観光に出発です!

お腹を空かして祇園へ!

京都に来るのは3回目ですが、祇園は初めてでした。ハイカラな郵便局見っけ。

そして突然現れる祇園っぽい街並み。風情ある柳の木。

カバーされる電力メーター。ここまで隠されてるとちょっとしたゲームだね。

当初入ろうとしていたお店には入れず、別の店を探すことに。

そしてあっさり見つけたお店、「やげんぼり」というお店でお昼をいただきました。

店の前には風情的な何かが置いてありました。

古そうな建物でした。

メニューは鯛茶漬け。おかずも少しついています。さっぱりしてて優しい味でした。

デザートに抹茶のシャーベットが出てきました。こちらもとても上品なサッパリ味。

ごちそうさまでした。おねだんは少々高かったけど、場所柄と雰囲気で仕方ないのかなーということで、店を後にします。

そして、錦市場へ

向かった先は錦市場へ。抹茶シャーベットをさっき食べましたが、甘いものがまだ食べたくて!

途中の鴨川ではカップル等間隔の法則はイマイチでした。時間が早いのか?

錦市場はとにかくすごい人。大きなキャリーケースの荷物持ってたのでほんと邪魔ですみませんという感じ。。

漬物が特別なものに見えるのも錦市場マジック。

そんな錦市場で見つけたお店、「カネタカフェ」で生麩パフェをいただきました。

言葉じゃ上手く伝えられないのですがとっても雰囲気が良い店で、あたりを引いたと大満足。

生麩パフェはあったかいお茶がついてきました。生麩パフェ以外にもいろいろスイーツがあります。

京都へついていきなり食べ物2連続となりましたが、次はいよいよ京都のメイン、伏見稲荷へと向かいます。

つづく・・・


この記事は連載です!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この実体験を書いた人

建築鑑賞をこよなく愛する下っ端会社員。歴史的建造物よりも現代建築を好みます。建築はど素人ですが、見て歩いて写真を撮って、気の向くままに楽しんでいます。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる