【香港・マカオ旅行記】空飛ぶウサギ:その6(2日目Vol.3 台風明けの香港ディズニーランド篇②)

この記事は…

実体験であることを保証します!

連載「空飛ぶウサギ」の記事です。(6/11)

約 3 分で読めます。( 1266 文字)

はじめに

ミスティックポイントとグリズリー・ガルチ、2つのお目当て新エリアに行くことができたので、他のエリアへと移ります。雨がやんで本当によかった・・・!

★アトラクションの感想等、ネタバレ要素は最後に記述します!

目次

やっぱり外せないのは、ライオンキング!

香港ディズニーランドで外せないショー、フェスティバル・オブ・ザ・ライオンキングへ! 生歌とアクロバティックなダンスが繰り広げられる、ミュージカル形式のショーです。

座席の埋まりは半分程度でした。空いている。

言うまでもなく、いいショーでした。東京でもやってほしいなあ。

その近くのジャングルクルーズにも行きました。英語コースに並ぶ。東京と違う要素ありで、これはこれで良いです。おなじみのシーンもあります。

幻想世界ことファンタジーランドへ!

お次はファンタジーランドへ。全体的に空いている香港パークの中でも一番賑わっているのがこのエリア。子連れ家族が多いのです。

マーリンのお店があったりします。

遅くなってしまいましたが、お昼をロイヤルバンケットホールでいただきます!

内装がやたらすごい・・・。カウンターごとに買える料理が異なるのですが、半分くらいカウンターは閉じていました。

なかなか良い雰囲気のレストランです。

各エリアごとに飾られている映画がありまして。写真は眠れる森の美女。

香港だから、中華なら外れないだろう・・・ということで中華をセレクト。

うん・・・美味しくない/(^o^)\ チャーハンですら謎の味付けなんですがいったい・・・。これ現地の人はどう思うのだろうか。。ハンバーガーとかをセレクトするのがどうやら正解だったらしいです。くやしーー。まあ、内装が良かったから許そう。

ブレちゃってるけど美女と野獣の像もありました。

おまけ:トイレサインと消火器ボックス

そして、ゴールデンミッキー!

香港ディズニーランドのもう1つの名物ショー、ゴールデンミッキー。こちらは大人気で超満員。

こっちも生歌で素晴らしいショー。また観たいなあ。パーク散策はまだまだ続きます・・・

ここから感想ゾーン。

フェスティバル・オブ・ザ・ライオンキング。前回の香港旅行記にも書いていますが、オーランドの同名ショーより香港のほうが好きです。歌がとにかく良い、うまい。テンポも良くて、アクロバットなシーンから美しい感動シーンまでが宝石箱のように詰まっているショー・・・。ここまで二次創作で上手くいってるディズニーアニメーションは、ライオンキングの他にないのでは。

言語は基本的に英語で進みますが、時々広東語・北京語が織り交ぜられているようです。歌はすべて英語です。

それから、ゴールデンミッキー。ディズニーアニメーションの数々の名シーンをレビュー形式で楽しめるショー!レビュー形式ですが、ただ単にシーンを並べているわけじゃなく、1つの軸が通ってるのもこのショーの魅力。

ノートルダムの鐘、ムーランなど東京じゃあまり見れないシーンも盛り沢山なのがうれしい!

そして、ブレブレの写真三連発www

主役の女性司会者(?)、ビービーまじでかわいいよビービー。


この記事は連載です!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この実体験を書いた人

建築鑑賞をこよなく愛する下っ端会社員。歴史的建造物よりも現代建築を好みます。建築はど素人ですが、見て歩いて写真を撮って、気の向くままに楽しんでいます。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる