下今市に寄り道してみたら(週末鬼怒川旅行記 Vol.1)

この記事は…

実体験であることを保証します!

連載「週末鬼怒川旅行記」の記事です。(1/3)

約 4 分で読めます。( 1536 文字)

@fukuhomu です。鬼怒川旅行を始めます。まずは鬼怒川温泉に行く道中で、下今市に寄り道した話から。

目次

スペーシアで行くよ

まずは下今市(しもいまいち)まで

浅草駅からスペーシアで鬼怒川方面へと向かいます。数年前に綺麗に元の姿に戻った浅草駅ですが、イマイチ存在感が薄いよね。

駅に着いたら鹿との衝突で電車遅延発生中。運行してくれているのはありがたいけれど、お昼食べる時間が無くなるかもしれないので、駅下の松屋でお弁当をゲット。

そして30分くらい遅れでスペーシア到着です。

小田急ロマンスカーと違って「スペーシア」の名前はあんまり呼ばれず控えめですね…。

旅の最初のご飯はこちら、深川めし弁当!

作り立ててまだ少し温かい〜

行きの電車では鬼怒川に直行せず、少し手前の「下今市」で下車します。

立派なSLに出会う

駅に着くとすごく立派な転車台が…! 初めて見たかもしれない!?笑

そしてタイミング良く(?)SL大樹にもご対面。かっこいい〜!

SL大樹に合わせてだろうか、駅舎はピカピカになっていましたよ。

昭和の香り(?)がする街

下今市の街並みは昭和っぽさのようなものが色濃く残っていました…。

看板建築のようなものもありました。(下記写真奥のほう)

歩いていると長崎屋の跡を見つけたりとか・・・(笑)現在は栃木県の地場スーパーの「かましん」が基幹テナントの模様。

少し調べてみると2021年4月には近隣に新たに建つビルに移転して新しい商業施設になる予定だそうです。それも、観覧車付き。笑

下野新聞 SOON
日光ランドマークの観覧車、地上40メートルに 21年4月オープンの見込み|地域の話題,県内主要,経済|下野...
日光ランドマークの観覧車、地上40メートルに 21年4月オープンの見込み|地域の話題,県内主要,経済|下野...【日光】スーパー「かましん」などが入居する商業ビル「ショッピングプラザ日光」(今市)の建て替えで計画されている、複合商業施設「日光ランドマーク」の完成予想図と、...

郊外のモールに負けないように頑張ってほしいですね。

ろばたづけのお店で食べるソフトクリーム

ぷらぷら歩いていると「日光ろばたづけ」のお店を発見したので入ってみることに。

ここは日光の名物お土産の1つとも思われるろばたづけメーカーの直営店ですが、ろばたづけに使う醤油をソフトクリームにかけて食べることが出来ました

これが、その醤油。

そしてこれが、この豆乳きなこのソフトクリーム!

美味しかったので立ち寄ってよかった~。ただ、息できなこが舞うからそれだけは要注意ですよ!!!

株式会社 樋山昌一商店
今市店|日光ろばたづけ(公式ホームページ)
今市店|日光ろばたづけ(公式ホームページ)株式会社 樋山昌一商店の今市店です

片山酒造さんで酒蔵見学

下今市途中下車のメインイベント

ソフトクリームで休憩した後は、またぷらぷら歩いて下今市のメインイベント「酒蔵見学」です。向かったのは片山酒造さん。

歴史感じる外観がいいですねえ。

昔の建物がそのまんま。そしてお酒のいい香りが漂います。

そして酒蔵を案内してもらいました。この大きな木の箱はちょうどお酒を絞り出しているところで、右下のところに搾りたてのお酒がちょろちょろ出ているところです。ちょうど搾る日に訪問できたという奇跡(笑)

お酒を試飲させてもらって、お土産もいただいて後にしました。

トリップアドバイザー
2021年 片山酒造 - 行く前に!見どころをチェック - トリップアドバイザー
2021年 片山酒造 - 行く前に!見どころをチェック - トリップアドバイザー片山酒造(日光市)に行くならトリップアドバイザーで口コミ(24件)、写真(19枚)、地図をチェック!片山酒造は日光市で1位(3件中)の観光名所です。

今市報徳二宮神社へ

酒蔵から下今市駅までの間にあったお寺にちょこっとお参りします。あの二宮金次郎が亡くなった場所だそうで…。

神奈川西部出身の自分としては、二宮金次郎は小田原の生まれで、同じ名前で「報徳二宮神社」も小田原にある神社なので、少し変な感じがしました(笑)

二宮神社の二宮金次郎銅像はこんな感じでした。

それでは鬼怒川へ

下今市観光を終えて、再びスペーシアに乗って鬼怒川温泉へと向かいます。今度はゴールドだ!!!!

下今市観光は終わり。旅行はつづく。


この記事は連載です!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この実体験を書いた人

建築鑑賞をこよなく愛する下っ端会社員。歴史的建造物よりも現代建築を好みます。建築はど素人ですが、見て歩いて写真を撮って、気の向くままに楽しんでいます。

目次
閉じる