旅行ブログ:TIKIKITI.JP

【長崎旅行記】チューリップが咲き乱れる春のハウステンボスへ(歴史は続いていく、長崎から Vol.1)

      2019/06/21

この旅行記は が書きました。

連載「歴史は続いていく、長崎から」の記事です。(1/6)

約 3 分で読めます。(1077 文字)

fukuhomu ってこんな人

建築鑑賞をこよなく愛する下っ端会社員。歴史的建造物よりも現代建築を好みます。建築はど素人ですが、見て歩いて写真を撮って、気の向くままに楽しんでいます。

 

はじめに       

@fukuhomu です。春の長崎旅行の旅行記を始めます。ハウステンボスや軍艦島を巡りました。

春のハウステンボスにはチューリップが咲く

旅は羽田から

羽田空港でエッグタルトを食べて朝ごはん。なかなかに高カロリーそうだけど気にしてはいけない。これは旅行だから。

羽田空港のエッグタルト

保安エリアに入ってから、羽田空港第2ターミナルのカードラウンジ、POWER LOUNGE SOUTHを初体験しました。

POWER LOUNGE SOUTH

カードラウンジとは思えない広さと綺麗さでした。ただ広いけど人も結構多くて空席はあんまりなかったですね。

飛行機内では厚焼き玉子のサンドを食べました。美味しい。

厚焼き玉子のサンドウィッチ

2度目のハウステンボス来園

前回数年前にハウステンボスに来園しましたが、その時は1月の雨でそれはそれは極寒の日。こんなところ二度と来るもんかと思ったわけですが、春の再挑戦が今回です。

長崎空港からバスで向かいます。

長崎空港

1時間くらいで到着です。コンセプトがよく分からないフォトロケがお出迎え。

ハウステンボス入り口のフォトロケーション

チューリップパワー🌷

早速入園です。最初に目に入ってきたチューリップ、なんか変だと思ったら人造チューリップ。怖いわw

光る人造チューリップ

本物のチューリップはもちろん綺麗です。風車も本物なのがすごいんだよねー。風車の中に入って実際に水を組み上げてるやつが好きです。(写真撮らなかった)

とにかく園内は相変わらず広すぎて、広すぎる割にはスポットが点々としていて、テーマパークとしては不出来だなあと思わざるを得ない感じですねw

ハウステンボスの奥のほう

夜のハウステンボス

夜景を楽しむ

チューリップに加えて夜景もウリのハウステンボスです!

夜のハウステンボス

まず、一際高い展望台「ドムトールン」に行き夜のハウステンボスを一望しました。

この展望台がまた、見た目との期待と裏腹に結構イマイチなものでして、室内が明るいからガラスの反射もひどいし、窓ガラスも汚いしという感じ……(笑)

頑張って撮りました。

下から見るとこんな感じのドムトールン。黄金の龍が飛んでいるのは謎です…

ド派手のクルーズは今回は乗りませんでした。クルーズの乗り場が遠すぎて……。

壁の巨大スペースインベーダ体験しました!

夕食はトルコライスを

園内にはファーストフードから高級フレンチまで揃っていますが、選ばれたのはトルコライスでした。

ひとつひとつは言ってしまえば普通の料理なんだけど組み合わさることでトルコライスという特別感が……。

明日も旅行は続くから

9時くらいにハウステンボスを出ました。入り口付近にあった人造チューリップの輝きがすごかったです。

出口のお土産屋が空港の名前。空港感は無いけれど。笑

今夜は隣接したJRホテルオークラハウステンボスに泊まります。

つづく。


この記事は連載です!

 - 長崎

 

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。