旅行ブログ:TIKIKITI.JP

【香港旅行記】志蓮淨苑(チーリンナナリー)で巨大な塔の時代の伝統建築を歩く。(師走の香港エスケイプ Vol.8)

      2019/02/05

この旅行記は が書きました。

連載「師走の香港エスケイプ」の記事です。(8/11)

約 3 分で読めます。(1011 文字)

fukuhomu ってこんな人

建築鑑賞をこよなく愛する下っ端会社員。歴史的建造物よりも現代建築を好みます。建築はど素人ですが、見て歩いて写真を撮って、気の向くままに楽しんでいます。

 

はじめに       

@fukuhomu です。

フィットネス&プールでリフレッシュした後は、志蓮淨苑(チーリンナナリー)へ向かいます。

志蓮淨苑(チーリンナナリー)って、知ってる?

それは唐の時代の建築を再現した大きなお寺

香港で建築を楽しめるスポットは何かないかなー?と探していたら見つけたのがこの志蓮淨苑です。

志蓮淨苑
志蓮淨苑[Chi Lin Nunnery]。7億香港ドル(約105億円)をかけたアジア最大規模の唐代建築群。マニアックな観光名所を探しているならおすすめ。

元々あったお寺が都市開発のせいで一回壊さないといけなくなり、それを再び再建したとのこと。

おそらくここを観光で訪れる日本人はほとんどいないのではないでしょうか…(笑)

Uberで行くのが楽そうだったのでホテルまでUberを呼んで行きました。30分弱です。

広くて綺麗で素敵です

到着すると、まず想像以上の大きさにびっくり。そして綺麗。

中に入ると、歴史の世界にタイムトリップしたような感じの素晴らしさです。

蓮の池も綺麗でした。

お寺の向かいには巨大な庭園がありこちらも見ごたえ抜群です。

人工の滝があるレストランとかも、すごいね。

ぐるっと一周して散歩をしました。

インスタスポットのレインボーな団地に歩いて行く

遠くに見えるあれはもしや

一緒に来ている友人が行ってみたいとこリストに挙げてた1つが、レインボーな団地。どこにあるのか分かってなかったのだけど、遠くにそれっぽいものが見えるを発見。調べてみたらそれがまさにそのもので、歩いて向かうことに。

途中でバス停にTENGAのポスターがあることを発見。ワロタ。

大体20分くらい歩いて団地に到着。インスタで見るよりずっと落ち着いた色(くすんでるとも言う)で、インスタグラマーさんはどんだけ彩度上げてんのかなと思いました。

広ーいレインボーな団地の一角で

撮影スポットになってるのは、団地内の立体駐車場の屋上。バスケのコートが2面とちょっとしたスペースがあり、地元の若い子たちがスポーツしてます。

が、まあ沢山の観光客がバスケコートの結構中の方まで入って撮影大会を繰り広げてるじゃないですか。中には巨大な器具、ソフトボックスっていうの?を持ち込んでる人まで…!

足を運んだ自分たちも偉そうなことは全く言えないわけですが、まあ、もうちょっと考えようよ…とは思いましたとさ。

ちなみに私も友人に撮ってもらったのですがビックリするほど映えなかったので、逆にちょっと悲しくなりました。(苦笑)

さあ、そんなことより美味しいご飯を食べに行きましょうよ。

つづく。


この記事は連載です!

「いいね!」してね!

 - 香港

 

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status