旅行ブログ:TIKIKITI.JP

【WDW旅行記】オーランドに行きたいお年頃:その34(6日目vol.3 マジックキングダムの夜)

      2016/08/19

この旅行記は が書きました。

連載「オーランドに行きたいお年頃」の記事です。(34/39)

約 4 分で読めます。(1934 文字)

fukuhomu ってこんな人

建築鑑賞をこよなく愛する下っ端会社員。歴史的建造物よりも現代建築を好みます。建築はど素人ですが、見て歩いて写真を撮って、気の向くままに楽しんでいます。

 

はじめに       

エクストラマジックアワーだったので、長いんです。

★アトラクション・ショーなどの感想はまとめて最後に書いてあります!

6日目はまだまだ続く

エレクトリカルパレードを鑑賞。いきなり最前列で見られるオーランド素晴らしい(笑)

アナスタシア(笑)

アメリカフロート!さすがアメリカ!

IMG_5000

そうこうしてるうちにThe Magic, The Memories and You!が始まってしまうので急いで移動。

上手く写真撮れないけどすごすぎる!!!

そして、Wishes! こちらも写真も全く撮れなかったけど素晴らしいショーでした。感動の涙。

一方しばんぬさんの写真は素晴らしいのでした。

IMG_5141IMG_5122

23時過ぎましたが、まだまだ営業中。

乗り損ねたアトラクションをまわります。白雪姫を体験。

お次はプーさん。ファストパスだったためにまたインタラクティブキュー体験できず!!

IMG_5264

IMG_5269

そして、「ピープルムーバ-」!!

IMG_5284

これは素晴らしかったです。爽快感がたまりません。

「バズライトイヤーのスペースレンジャースピン」へ。これができる前にあったというデルタ航空のアトラクションも気になりますねえ。

IMG_5307

既に時間は0時半を過ぎ、さすがにくたびれてきたので帰ります。

1時19分、ホテル着。遊びました!!

【オーランドに行きたいお年頃】 まとめページ https://tikikiti.jp/wdw2012

【ネタバレあるかもエリア】アトラクション・ショーなどの感想

エレクトリカルパレード

なんだかとってもあったかい気持ちになったんですけど、なんでですかね。

舞浜のドリームライツのような派手さはないですが、良かったです。

この日は2回公演していて、2回観ました。

2回目の最前列待ちがほとんどアジア系しかいないという奇跡(?)を体験しました。

The Magic, The Memories and You!

前評判通り素晴らしいものでした。ぜひ舞浜でもやってほしいショーです。

技術そのものも素晴らしいですが、テーマがやっぱり良い。

素晴らしいショーに技術は必要ですが、技術だけでは作れないんですね。

胸がいっぱいになりました。詳しいことは書きません!

Wishes

オーランドで一番感動したショーかも知れません。

花火ショーですが、思っていたよりも花火自体にそこまで派手さはないんです(特に前半)。

だけど、音楽・テーマによる魅せ方が本当にすごい。

数十分間のショーで完全に魅せられてしまいました。

いかにもディズニーっぽい抑揚ある王道なストーリー(?)展開で進みますが、そこにミッキーはいません。

ミッキーなしでもすばらしいショーです。拍手!!

日本に帰ってきてからも、曲を聴いてうるうるしてしまうのはこのショーです。

Snow White’s Scary Adventures

その名が表すとおり、「scary」なアトラクションでした。

同行の2人は、「これ、普通に怖くね?」という感想を漏らしてました。

舞浜にあるのとほとんど同じですが、舞浜のように後味が悪い終わり方ではなく、最後まで物語がちゃんと進みます。

もうすぐクローズしてしまうということで、とても残念ですね。

The Many Adventures of Winnie the Pooh

やっと空いてきた夜に乗車。これは香港のやつに近かった印象(すでに記憶が曖昧ですが)。

白雪姫と同系統の正統派ダークライドですが、ライド自体が横揺れしたり水に浮いているかのような動きができる(規模は違いますがインディー・ジョーンズ・アドベンチャーのように)ため、ダークライドの進化形とも言えますね。

しかし!舞浜にある「プーさんのハニーハント」がオーランドのこれを遙かに上回るダークライド2.0(いや3.0?)のために、ハニーハントに乗り慣れた人にとっては非常に寂しい印象になってしまうアトラクションでした。

ピープルムーバ-

マジックキングダムで一番気に入ったアトラクションがこれでした!!

話は飛びますが、ちょっと前に六本木の森美術館で行われた「メタボリズム展」の都市イメージCGに移動手段として人々が乗るものがあるのですが、まさにその乗り物を彷彿とさせました。

トゥモローランド内を結構長い距離走っています。

音声ガイド付きで、スペースマウンテンのドーム内に入ったり、バズライトイヤーのアトラクション内を覗いたりもできます。

見ていたよりもスピードが速く、爽快感も抜群。

他のライドとすれ違ったり、乗り場で連結したり、かっこよすぎです!

バズライトイヤーのスペースレンジャースピン

舞浜のと違う部分があるらしいんだけど、全くわからず・・・。

バズでした(笑)

【オーランドに行きたいお年頃】 まとめページ https://tikikiti.jp/wdw2012


この記事は連載です!

 - オーランド

  関連記事

Comment

  1. 更新:【WDW旅行記】オーランドに行きたいお年頃:その34(6日目vol.3 マジックキングダムの夜) – http://t.co/Ca7Ai3Hh

Message

メールアドレスが公開されることはありません。