旅行ブログ:TIKIKITI.JP

旅行記は楽しい!旅行記のススメ

      2017/07/30

この旅行記は が書きました。

約 3 分で読めます。(1388 文字)

fukuhomu ってこんな人

建築鑑賞をこよなく愛する下っ端会社員。歴史的建造物よりも現代建築を好みます。建築はど素人ですが、見て歩いて写真を撮って、気の向くままに楽しんでいます。

 

はじめに       

このブログのメインのコンテンツでもある「旅行記」について思いを書いてみます。

旅行記は楽しい!旅行記のススメ

旅行記って誰のために書くの?って思ったあなた。

私は自分のために書いていると即答します。

自分で後から読む自分の旅行記は楽しいのです。誰かに読んでもらうための文章も大事だけど、自分で読んで楽しい「ポジティブ自己満旅行記」(たった今勝手に命名した)であることが大事だと思ってます。

旅行記を書くことのメリット3つ

旅行記のメリットを考えてみました。

①楽しかった思い出を記録できる

やっぱりこれが1番。人間の記憶はどんどん失われていくものです。

さあ、書いて残しましよう!

②旅行後に振り返りができる

これは旅行記を記録していく過程においてのメリットです。トラブルが1つもない旅行なんてありません。

旅行記を書くために旅程をひとつずつ辿っていくことによって、旅行を振り返ることができます

次はどうしようとか、また行こうだとか、帰ってきてから気付く「旅行」があります。

③友達と思い出をシェアできる

自分のために書くのが大事!といいつつ3つめはこれです。シェアです。

旅行は行く場所も着眼点も航空会社の選び方も個性が出るもの。旅行記によって他の人の旅行との差がわかることから、思わぬ自分の個性を見つけてしまうかも…!?

旅行記を書くときのちょっとした工夫

文章を書くことはあまり得意じゃないけれど、旅行記LOVERとして工夫しているポイントをご紹介。

文を区切って見出しをつけよう

見出しをつけるとそれっぽくなります。やりすぎなくらいに文を区切って大丈夫だと思います。

スマホで流し見することも多いので、パット見の見出しで何について書いているのか分かると読みやすい! 見出しはHTMLタグ、<h2>〜</h2>で囲いましょう。

1記事をそんなに長くしない!

1記事は1テーマ!

記事単位で書くテーマを絞ると読みやすい上に、後から記事を探すときも探しやすくなります。

また、検索エンジンから来る人にとっても、記事が短くテーマが絞ってあると長文から知りたいところを探すよりもはるかに楽です。

1日の出来事だから1記事で書かなきゃ〜とか、気にしない! 記事はテーマで分割!

写真をたくさん載せる

ブログは原稿用紙じゃないので、たくさん写真を載せられます。スマホで写真も見やすい世の中になったので、写真をたくさん載せるとイメージが伝わりやすいです。

また私の場合は、ちょっとしたこだわりで「写真は同じ単焦点レンズで揃える!」ということを気にしたり。ここまでくると、かなりの自己満ですが(笑)、画角が揃ってると見易さが上がる気がしてます。

あと、手持ち写真に背景を入れるのがお気に入りです!

ただし!写真をたくさん載せるとその分読み込みが遅くなるので、高画質な写真を載せる場合はご注意を。

旅行記は楽しい!まとめ

この記事では、自分のために書く旅行記の楽しさをご紹介しました。ご紹介した旅行記のメリットは3つでした。

  1. 楽しかった思い出を記録できる!
  2. 旅行後に振り返りができる!
  3. 友達と思い出をシェアできる!

そして、旅行記を書くために簡単に出来るちょっとした工夫を3つご紹介しました。

  1. 文を区切って見出しをつける!
  2. 1つの記事を長くしない!
  3. 写真をたくさん載せる!

いかがでしょうか? 旅行記を書いてみませんか?

 - その他

 

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss