【三重旅行記】御在所岳に登ってきた話

この記事は…

実体験であることを保証します!

約 4 分で読めます。( 1766 文字)

はじめに

みなさんこんにちは。みりんです。

私事ですがこの間転職しまして、前職を退職した後2週間ニートをしてました。

2週間ニートということは時間が有り余ってる!(実際割とそうでもなかった)

それならどこかに行こう!

いろいろありまして(雑)三重に旅行した際に御在所岳に行ってきました。

とっても良いところだったので、お付き合いくださいませ。

目次

御在所岳の基本情報

御在所岳とは三重県三重郡菰野町にある山です。

実は天然温泉が出るところらしく、ホテルがたくさんありました。

でも今回の目的は温泉ではなく、山に登ること!!

いざ登ります

御在所岳は標高1212m。立派!高尾山よりも断然高いです。

登山道もあるし、登るということは、リアル登山…?!

いいえ、もっと文明の利器に頼りましょう。

この文明の利器はすごい

いや、すごいんですよこれ!

ロープウェイ!!ウェイ!

この日は天気があまりよくはなかったんですが、それが逆に雰囲気をよくしてる!

この先には何があるんだろう…とワクワクが止まらない演出!自然グッジョブ!

ロープウェイに乗り込む

1分間隔で運転してるロープウェイ。

通勤ラッシュ時の山手線より短い間隔で来るんですよ。すごい。

割と室内は広く、大人が8人ほど座れるかなという広さ。

片道15分なんですが、この15分間がなんといっても魅力的。

上を見上げるもよし。下を見るもよし。

あたしのオススメは目の前や横にある岩肌。これがいいんですよ。

これ!

ほら!

めっちゃよくない?!

魅力が写真じゃ伝わらないのが悔しい…

これはぜひ乗ってほしい!

今の時期は紅葉の時期になってくるのでもっときれいな景色になると思います。

写真スポット豊富な頂上を探検する

その1

さあ頂上に着きました。これは記念に撮っておきましょう。

座って写真が撮れるみたいですが、座ったらたぶん文字見えなくなry

その2

ここは三重県と滋賀県の県境のようで、こんなサインもありました。

晴れてると琵琶湖が見えるみたいです。

その3

見晴台があるというのを見たのでやってきました。

 

 

 

 

 

 

 

見晴らせない。もはや仙人の世界。

天気の演出グッジョブ。

その4

すこし台のようになっているところがあったので、登ってみます。

ここからはアルプス連山が望めるみたいです!

せっかくなので望んでみましょう!

 

 

 

 

望めない。連山どこーーーーー。

下山です

再び文明の利器に頼っての下山です。

実は上りの時に、これはタイムラプスで撮りたい!と密かに考えていたので撮っちゃいました。

その結果がこれ。

なんかのアトラクションに乗ってるみたいで楽しかった。

正しいタイムラプスの使い道を発見しました。

これ何度見てもワクワクする。(自画自賛)

 最後に

そうだ、三重に行こう。

正直な話、三重ってあんまり具体的な魅力が思いつかなくて、強いていえばお伊勢さんみたいな。

新幹線のひかりものぞみも止まらんし、名古屋から近鉄乗らなあかんし、そもそもわざわざ行くのもなあ…という交通面でのネックがあったんです。

でも去年お伊勢さんに行く機会があって、名古屋まで夜バスで行き近鉄に乗ったんですが、意外といけるなと。

意外と遠くないし、むしろこのほぼ初めての土地で探検たのしい!というすごいポジティブに変わりました。とってもいい経験になった。

今回はいろんなタイミングが重なって三重に行く機会が出来、この御在所岳という素敵なところに出会わせてくれた友人に感謝しています。

ここは四季が楽しめるところだからまた行きたい。今度は寒く無くて晴れてる時に!

見晴らしたいし、望みたい!

三重って自然もいっぱいあって、地物のご飯も美味しくて、海もあって、ほんまいいところ。

みんな、三重に行こう。

おまけ

お山を登った先でもディズニー要素をついつい探してしまいます。

そして見つけてしまうんですねえ。

まずは三重のエプコット

ほんとは気象観測なのかな。

そしてどっかで見たことあるようなシェイプ。

ほんとに自然にできてた。笑

 

みなさんもぜひ素敵なロープウェイ旅を!

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この実体験を書いた人

兵庫県生まれの関西人。ディズニーはパーク、映画、音楽などが好きで最近はピン集めにお熱。野球のファンでもあり応援しているのは読売ジャイアンツ。美味しいごはんとフローズンレモネードが大好物。口癖は「おなかすいた」

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる