旅行ブログ:TIKIKITI.JP

【ニューオーリンズ旅行記】モノホンのニューオーリンズでジャズにまみれてガンボ三昧した話②

      2017/07/16

この旅行記は が書きました。

連載「ニューオーリンズを愛でる」の記事です。(2/2)

約 4 分で読めます。(2060 文字)

Pitts ってこんな人

海の外を転々としていたが、暫し日本に定住することにした人。旅行でもなんでもロクに下調べをせず、とんでもない目に遭うのがもはや趣味、かつ記事のネタとなっている。大自然・Disney Parks・美味いもんが三大欲求らしい。

 

はじめに       

愛しのニューオーリンズにて、その魅力にやられっぱなしになった前回

「腹が減っては戦はできぬ」。

散策して小腹も空いてきたので、まずは腹ごしらえと行こうではないか。

ニューオーリンズ飯は、いいぞ。

さて実食前にサッと予習。

ニューオーリンズで楽しめるご当地メニューと言えば…

・ベニエ!
・ガンボスープ!
・ジャンバラヤ!
・アナハイムはディズニーランドパークのニューオーリンズスクエア内フレンチマーケットレストランにてキャストのおばちゃんがちょっとダルそうによそってくれるまあまあ美味いミートローフ!!!!

などなど、それら独特な料理は一般的に「クレオール料理」と呼ばれて親しまれている。

ニューオーリンズを長く支配したフランスだけでなく、スペインやアフリカなど多様な背景を持つ人々がこの地に降り立ち、文化を融合させながら街を築き上げてきた結果の生まれたものであろう。

美味しいもの大好き。ありがたいなあ。

さあ、クレオール料理をハシゴしよう!

一軒目・その名も「Gumbo Shop」

まずこの地に来てお口の中が完全にガンボだったので、まず訪れたのは「Gumbo Shop」

前回紹介したジャクソンスクエアの近くにあり、結構有名なお店だそう。

メニューの絵が素敵や!!!

迷わずガンボスープを頼んでみた。

こちらがガンボショップのガンボスープ!

ちなみにGumboはオクラを意味する言葉。つまり早い話がオクラスープである。

え?ちょっとサイズが小さいんじゃないかって??

じゃーん。メインはこちらのジャンバラヤ。

そんなに辛くないしソーセージなどの旨味が最高!

そして、ここガンボショップが良いのは。シーフードやチキンなど数種類のガンボスープから選べるだけでなく、サイズも選択できるところ。

小さいサイズはアペタイザーの欄に載っていて6ドル前後から楽しむことができる。ちなみにパンも食べ放題でついてくる。

はぁ…美味い…

二軒目・Mって誰??「Mr. M’s Bistro」

ということで二軒目は「Mr. M’s Bistro」ということでランチを食べにビストロへ。

フレンチクオーターには、フランスの影響を受けて多くのビストロがあるのである。

サーバーこそきっちりキメた服装をしているが、こちらのお客さんは皆カジュアル。

日本のイメージとは異なってランチでは結構リーズナブルにお食事を楽しめる場所も多かったり。

昼からシャルドネをいただいた。

そしてここのパンとバターかなり美味かったのにおかわり自由で…天国かよ。

メインに注文したのはパスタジャンバラヤ

うーん…俺は米のジャンバラヤが好きかな(笑) でもスープが割とあっさりしてるのにソーセージの旨味があって。そこは美味しかった!!!

こういうのに挑戦するの嫌いじゃない。(むしろ好き…) 

ってか俺がたまたま座ったこの席、ロナルド・レーガン大統領が2回も座ったとこだったんだけど… 恐るべしニューオーリンズ。

三軒目・チャーグリルって?!「ACME Oyster House」

友人に「美味いから行け!!!!」と再三言われた店、「ACME Oyster House」

その名の通り色々なスタイルで牡蠣を食べられるお店なのだが…超人気!!!!

店の前は常に長蛇の列で、夜になるほど伸びるので、ランチに行ったほうがいいかもしれない。

生牡蠣と迷った挙句頼んだのは、Chargrilled Oyster(チャーグリルオイスター)なるもの。

チャーグリルとは網つき鉄板で焼き上げることらしい。

ということで、この牡蠣たちはガーリックとチーズをまぶされ、網焼きにされた後に僕の元に辿り着きました。

ブラボー。

四軒目・はずせない!「Cafe Du Monde」

お腹いっぱい飯を食ったので、デザートを食べに。

ついにニューオーリンズ名物のベニエの登場である。

訪れたのはこちら、「Cafe Du Monde」

ザ・有名店で混み合う中、なんとか席を確保。
ついに本場のベニエとご対面!!!!!


はじめましてよろしくおねがいします!!!!!!

揚げたてドーナツのように外はカリッと中はふわふわ。そして周りにたっぷりとまぶされた粉砂糖がたまらんのだ。

はぁ…好き…

 

あれ??ジャズは??

ということでニューオーリンズの魅力の一つ「食」にスポットをあてた結果… またもや今回もジャズを紹介することを忘れてしまったのであった。

「てかガンボ三昧とか言う割にはガンボ一杯しか食ってないし?!」というツッコミに耐えるべく、次回はなんとドレスコードのあるレストランでガンボスープ×生ジャズというすんごい贅沢体験をした話をしたいと思う。


この記事は連載です!

 - ニューオーリンズ

 

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status