旅行ブログ:TIKIKITI.JP

【バンクーバー旅行記】ちょい住み in バンクーバー 1日目-4:スーパーでの食材調達と新たな旅の仲間

      2017/06/03

この旅行記は が書きました。

連載「ちょい住み in バンクーバー」の記事です。(6/9)

約 3 分で読めます。(1479 文字)

imagicaln ってこんな人

imagicaln 世界各地でその土地ならではの楽しみを探求&その場所でのときめきを愛しのアルバートと共有したいタイプの人。 個人のブログ《imagical days 〜Disney Parks Travel Logs〜》http://ameblo.jp/imagical/ では、HKDL DLR DCL Aulani WDW DLP SHDLの旅行記とTDRレポ(ホテルごはんネタ多め)を公開中。

 

はじめに       

え?

割と最近はパリ旅行記の更新とかしてるじゃないかって?

いやいや、今回は約3か月ぶりとなるバンクーバー旅行記の更新です。

お久しぶりです。

旅をしたのは2015年1月末〜2月頭とかの話です。

そんな話は知らん!という方は、是非とのこのシリーズの準備編からどうぞ。

超劇的な旅の始まりですので。

これまでのバンクーバー旅行記はこれまでに私が書いていたブログと一線を画すべく、普段とは異なる文体での記事を更新することに挑戦していたのですが、書きにくいと続かないことを身を以て学んだのでいつもの文体に戻ります。

この記事から突然ラフな感じになりますが、ご了承ください。

“衣食住”の”食”

「ちょい住みバンクーバー」と銘打っているからにはホテルに滞在して観光を楽しむような一般的な旅行のスタイルではなく、現地で暮らしているかのような活動を行うのも楽しみの一つ。

夜のイェールタウンを散策している際に見つけたスーパーマーケットで滞在中に部屋で食べる食材を調達することにしました。

立ち寄ったお店はこちら。

Urban Fare http://www.urbanfare.com/ のイェールタウン店です。

現地で食べるものを買う

この買い物で購入するのはお土産として持ち帰るようなものではなく、現地に滞在している間に消費するもの。

ということは、普通なら海外から日本には持ち込むことができないような果物や肉類などもこちらで食べてしまう分としてなら迷わず買うことができるということ!

12074968_1160007077357240_6287869700178442309_n

鮮やかなパプリカは普段あまり見かけない色をした品種も

12771801_1160007114023903_7779100009520320539_o

写っているだけでもこれだけの芋類…ディスプレイもオシャレ

12783544_1160007060690575_4855771729766671824_o

根菜や葉物の陳列方法も斬新に見えます

しかし、キッチン付きとはいえども街での食事も存分に楽しむつもりでバンクーバーを訪れているため、実際に購入に至ったのは朝食や部屋飲み用として食べられる範囲のフルーツ、サラミ、チーズ、牛乳、スナックもろもろといったところ。

買わなかったけど気になったもの

普段の生活圏にあるスーパーとは並んでいるものも陳列方法も異なっていて、何でもないことが楽しくなってしまうのが海外スーパーの沼。

その中でも日本では見たことがなく、思わず写真を撮ってしまったものがいくつかあるのでこの場を借りてご紹介。

あちらの方々にとっては日常の一部なんでしょうけどね。

12771477_1160007127357235_3245167817747326621_o

色鮮やかなマカロンは見た目も味も種類豊富でした

12783604_1160007170690564_1414774799232336393_o

旧正月が近かったため並んでいたと思われる縁起物の葉付き蜜柑

12718231_1160007144023900_5605851022231431039_n

BC州はソルト・スプリング島の名産だというゴートチーズ

お花のチーズ、とても気になっていたのですが商品に貼られているシールに書いてある情報だけでは詳細がつかめず、結局ハード系のチーズを購入することに。

後から調べてみたところ、ブリティッシュ・コロンビア州の島で作られている人気のチーズのよう。次に行ったら絶対に食べる…!

ソルト・スプリング島はこの地域で育てられたヤギのミルクから作られたゴートチーズが人気です。いくら美味しくても真っ白いだけのチーズでは味気ないとキレイな花をあしらったところ人気を呼んだため、ハーブなどに変え様々な味が楽しめるようになりました。《BS日テレ『世界水紀行』#100 花と妖精の島 カナダ バンクーバー島 http://www.bs4.jp/w_mizu/onair/100/ より》

“衣食住”の”住”

新たな同居人との出逢い

このスーパーでの買い物を経て、私たちは素敵な同居人に巡り会うことができました。

この出逢いを経て、旅先の我が家で暖かく私たちの帰りを待つ存在として窓辺で佇んでいてくれたのがチューリップのチュリ子(命名はmicco*さん)。

12792126_1160007204023894_7778792265808112697_o

持参した簡易フラワーベースがチュリ子のお家に

「この旅が終わる頃にはチュリ子が満開になっていてくれたら」そんな思いでmicco*さんが選んでくれました。

そんな新たな同居人とスーパーで買い出したものたちには少しお部屋で待っていてもらって、初日の夜ということで美味しいお酒と料理を求めてお家の近くをさらに散策してみます。


この記事は連載です!

 - バンクーバー

 

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss