旅行ブログ:TIKIKITI.JP

【ディズニーランドパリ】個人手配のススメ〜ホテルの選び方からレストランの事前予約まで〜(2度目のパリ 手配編-1)

      2016/08/12

この旅行記は が書きました。

連載「2度目のパリ」の記事です。(2/5)

約 5 分で読めます。(2439 文字)

imagicaln ってこんな人

imagicaln 世界各地でその土地ならではの楽しみを探求&その場所でのときめきを愛しのアルバートと共有したいタイプの人。 個人のブログ《imagical days 〜Disney Parks Travel Logs〜》http://ameblo.jp/imagical/ では、HKDL DLR DCL Aulani WDW DLP SHDLの旅行記とTDRレポ(ホテルごはんネタ多め)を公開中。

 

はじめに       

にあ(@imagicaln)です。

出発前にせめてもう1本…と思っていたのですが、あっという間に2度目のパリ旅行に行って帰ってきてしまいました。

事後記事になってしまいますが、行き先が決まったので手配の段階について自分流のやり方をまとめてみます。

みなさんは旅行先を決めた後、どのように手配を進めますか?

私の場合は航空券もホテルも自分で予約する、いわゆる「個人手配」という形をとっています。

“個人手配推し”の理由

大学1年生の冬に初めての海外旅行で香港(もちろんHKDLがお目当てでした)に行った時には、右も左も分からなかったので旅行会社のツアーを利用しましたが、それ以降の旅はほとんどが個人手配です。

1398588_697797960244823_549837430_o

ラウンジでシャンパン片手に朝ごはんだってできちゃう。

航空券+ホテル+αがセットになったパッケージの方が個別で予約するよりも安く、羽田空港や香港国際空港で航空会社ラウンジを利用することが可能だったプランを見つけた際に、キャセイ・ホリデー・ジャパンのダイナミックパッケージを利用したこともありますが、これはなかなかのイレギュラー。

生まれて初めてのディズニーランド・リゾート&ディズニークルーズラインもツアーは利用しませんでした。

様々な旅のスタイルがある中で、このような手順を踏むようになった理由をあらためて考えてみます。

スケジューリングの自由度

まず1つ目は「自分の目的に最適なスケジュールを組むことができる」から。

ただ安いからというだけの理由だけのツアーや航空券を決めてしまうと、 現地での行動が縛られてしまうツアーに強制的に参加させることや、 現地の空港に着くのが当日の遅い時間になる、かつ帰国日は早い時間に出発しなければいけなくなるなどで

同じ日数でも実際に現地で活動できる時間にかなり制限があることがあります。

10486239_875075405850410_5306003860155378187_o

往路と復路で空港を別々にするのも自由!

例えば、朝から夜までしっかり行動したい!という方は早朝便で現地入りをしても問題ないですが、到着日はホテルの部屋でゆっくりしてから行動を開始したいという方であれば、現地に到着するのはホテルのチェックインが始まるのに近い時刻に到着した方が旅の楽しみ方に合っているでしょう。

「求めるもの」があるホテルを選ぶことができる

宿泊先を決める際、何を最も重視するのかは人によって大きく違ってきます。

とにかく安い、駅から近い、送迎がある、サービスが良い、スパがある、部屋が広い、眺望が良い、クラブラウンジがある…。

そんな条件を挙げていてもキリがありませんが、個人手配ではそんな数多くの条件を考慮して好きなホテルの好きな部屋を選ぶことができます。

11882372_1054838451207437_8312736420307090569_o

香港女子旅で泊まったザ・ロイヤル・パシフィックホテル&タワーズ

11834889_1054838531207429_652441282609407421_o

ハーバービュースイートにアップグレードされるというラッキーなハプニングがありました♪

その中から今回は立地、部屋の広さ&設備、料金のバランスを考えたうえで、 ディズニーランド・パリの最寄駅であるマルヌ=ラ=ヴァレ=シェシーから1駅の、 セリ=モンテブラン=ヴァル=デューロップ駅の近くにあるホテルを予約しました。

必要なことだけがそろえば、それでいい。

ツアーについている様々なオプション。

便利なときもありますがちょっと煩わしいと思うこともありませんか?

「このプランは必要ないから、もっと安くならないかなぁ…」といったように必要なものだけを選ぶことができるのが個人手配での旅行を選ぶ3つ目のポイントです。

image

年パスを買うのならパークチケット付きツアーは不要ですよね。

香港ディズニーランドやアナハイムのディズニーランド・リゾート、フロリダのウォルト・ディズニー・ワールドを目的地としたツアーの多くは、パークの入園チケットがセットに含まれていることも多いですが、

もし年間パスポートを持っていればそのチケットは必要ないですし、WDWのようにパーク以外での食事やアクティビティ、買い物などに費やす日を設けるのであれば必ずしも滞在日数分のチケットがなくても十分楽しく過ごせます。

ホテルをポチっ!レストランも予約!

個人手配における手順として、私の場合は航空券を取ってからホテルの予約を行うことが多いのですが、各航空会社を比較して決定に至るまでの経緯を同じ記事に書いてしまうと大変な文字数になってしまうことが分かったので、今回は先にホテルの予約についてのお話をさせてください。

ホテルを選ぶにあたって

ディズニーランド・パリ(以下、DLP)の周辺には7つのディズニーホテルといくつかのパートナーホテルがあります。

DLPはパリ市内の中心部から離れたところにあるため、そこからの移動にはそれなりに時間がかかります。

夏季は日が長いため閉園時刻が23時になることもありますが、反対に冬季は19時閉園という日もあります。

image

2015年7月中旬、午後10時ごろの様子です。

訪れる季節にもよりますが、閉園が遅い時期に最後までパークにいるとなると市内中心部に戻る頃には日付が変わる頃になってしまうということも考えます。

駅からホテルまでの距離などにもよりますが、遅い時間に観光客だけで電車に乗っていたり暗い夜道を歩いたりするのはあまり望ましくないでしょう。

今回は現地に滞在できる時間が短く、前回の滞在で市内観光を楽しんだのも記憶に新しいということもあり、

パークの最寄駅から一駅のところにあり、昨年の滞在でも非常に良い印象だったホテルを再訪することにしました。

レストランの予約について

東京ディズニーリゾートやカリフォルニアのディズニーランドリゾート、ウォルト・ディズニー・ワールドでは公式のウェブサイトを通してレストランの予約ができますが、香港ディズニーランドやディズニーランド・パリ・リゾートは電話予約が基本です。

今回は行きたいレストランが2店舗あったので、あらかじめクレジットカード会社のトラベルサポートサービスを利用して予約を確保してもらいましたが、 現地に到着してからシティホールなどで予約をすることもできるそうです。

なお、ディズニーリゾートのレストランにおける「予約」は「プライオリティー・シーティング」であることはDLPでも同じでした。

事前予約でより快適な食事の時間を。

事前予約でより快適な食事の時間を。

以上で渡航前の準備は一通り完了。

その他には現地での通信手段として使用するWi-Fiのルータを借りたり、現地通貨の準備などありますが、そのあたりは割愛します。

あとは出発日が来るのを待つのみです♪


この記事は連載です!

 - パリ

 

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss